建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
大屋根光庭の家/蒲郡の建築事例写真
大屋根光庭の家/蒲郡
KANO空感設計

大屋根光庭の家/蒲郡

もっと見る

外観は、一部2階建ての、大屋根(1階屋根がそのまま2階屋根につながる屋根形状)にしたいというご要望がありました。
また、1階に和室と主寝室を配置したいということで、2階は子供部屋しかなくなるので、1階がとても大きく、2階が小さい家となり、単純に全て大屋根にすると、巨大な吹抜や屋根裏がたくさんできてしまいます。
また、1階が大きいので、採光、通風がよくないところがでてきてしまいます。

そこで、外観は、大屋根の中央棟を中心に、南東に玄関・和室の白い外壁の南棟、北東に室1の北棟、西にキッチンの西棟を、平屋で分散配置することにしました。
それによって生まれたのが、光庭です。
分散配置にすると外壁面が多くなるので、通風採光に有利です。

敷地に対する南方位が、かなり西に傾いているので、リビング南窓を南へ向けることにより、庇や外壁に角度がつき、さらに袖壁も斜めにしたので、外観に変化を与え、アクセントになっています。
袖壁は西日をさえぎったり、風をとりこむ、パッシブハウスの考え方に基づく建築的な、「しかけ」でもあります。

自然素材を多用し、天井の杉三層パネルや、梁を見せ、木がいっぱいのあたたかい雰囲気です。
吹抜に面して設け、1階と空間がつながる2階共用コーナー2は、子供たちがともに勉強したり、遊んだりするスペースです。
1階の階高(1階床から2階床までの高さ)を通常より20cmも低く抑え、階段の踊り場の段を少なくして、安全に上り下りしやすくするとともに、2階との距離感をぐっと近づけています。
子供たちの2つの個室は、全て引違戸なので、取り外せば、共用コーナー2と一体となった大空間が生まれます。
引違戸はドアと違い、互いの気配を伝える雰囲気があります。

KANO空感設計のプロフィール写真

KANO空感設計

加納年勝+加納由佳理

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2013
部屋数
4
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
150㎡〜200㎡未満
外壁仕上げ
遮熱塗装ガルバリウム鋼板
屋根仕上げ
遮熱塗装ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
撥水和紙「玉紙」
床仕上げ
無垢の桐フローリング
住設メーカー
キッチン:クリナップ ユニットバス:タカラスタンダード 洗面器:サンワカンパニー
建ぺい率
43
容積率
40
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
愛知県
ロケーション
住宅地
家づくりチーム

加納年勝

加納由佳理