建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
リノベーション後の夜景外観 | ももさんの家 ~ 庭とつながり家族とつながる家
ももさんの家 ~ 庭とつながり家族とつながる家
しらいし設計室

ももさんの家 ~ 庭とつながり家族とつながる家

リノベーション後の夜景外観 | ももさんの家 ~ 庭とつながり家族とつながる家
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

 敷地は鳥取県米子市の弓ヶ浜半島の真ん中に位置する。

既存の建物は、代々守られてきた松を中心としたL字に配置された母屋+浴室+離れの3棟からなる構成であった。

 このたび息子さん世帯と親世帯で母屋と離れとを住み替える事になり、すべて建替え、リフォーム、増築など色々な案が検討された。しかし、庭への影響、2項道路内のブロック塀を撤去したくない、全体予算をおさえる、等を理由に、母屋は一部撤去し建替及び一部を残し改修+浴室棟の内装リフォーム+離れはそのまま、という結論に達した。

 以前住んでいた母屋はとにかく寒かった。猛烈な寒がりのご主人は「冬暖かく夏涼しい家」を切望され、透湿防水遮熱シート+現場発泡ウレタン吹付とし高気密・高断熱の家となった。またお庭を先祖代々大切にしておられ、沈み込んだ和室、庭への視線の抜け、深い軒などにより、家の何処からでもお庭を感じとれる「庭とつながる家」となった。

 ご主人の趣味の魚料理のために設けたサービスヤード土間は、洗濯干し場や浴室棟への動線を兼ねている。また1200φの掘りごたつを居間の中心に設け、その居間を囲むようにすべての部屋を配置し、「家族の気配」がやさしく家全体を包み込んでいる。

 オープンハウスの時に、ある人は濡れ縁に座りお庭を眺め、ある人は掘りゴタツに座って談笑し、ある人は天井の低い子供部屋に隠れ、ある人はダイニングテーブルに座りノートパソコンに触れたり・・・・と同時にいろんな行為が行われていた。それぞれがそれぞれに、くつろいでいる姿を見て、「楽しい居場所」がいろんな所に出来たという事を実感した。

 工事中、現場の棟梁が「ここに座ってみる月が何ともいいんですよー」と言ってくれた一言が忘れられない。夜の照明計画も随分考えたが、月の明かりには到底敵わない。

 これから、ももさん一家の新しい生活が始まる。
家族・親戚・お友達みんなで、このお家を思いっきり楽しんでほしい。

しらいし設計室のプロフィール写真

しらいし設計室

白石博昭

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
6
家族構成
二世代世帯
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
150㎡〜200㎡未満
屋根仕上げ
石州瓦葺き、ガルバリウム鋼板タテハゼ葺き
内装仕上げ
珪藻土、杉板
床仕上げ
杉板t30、カラマツ板t15
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
鳥取県
ロケーション
郊外
家づくりチーム

小田原工務店