建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa

脇本陣再生

脇本陣再生 | 脇本陣再生
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

建物は清須市の城下に建つ、築130年という由緒あるお宅。
その昔、脇本陣として使われていたという建物。
しかし、近年は使い勝手もままならず、家財を置いておく為だけのスペースとなっていた。

建物は基本的田の字型プランに太い柱や梁がふんだんに使われて、そこかしこに伝統を感じる。
しかし、屋根は瓦が一部外れやずれがあり、また、大屋根自体が波打ちをしてしまっている状態。そして、内部に目を移せば、建物が大きい分奥には光が届きづらく、やはり少し薄暗い印象。

オーナーは、これから来るであろう地震も心配されているご様子。

伝統的木構造の良さ、美しさを失うことなく、
現代のファミリーが安心に使える、「楽しく暮らせる」家に再生することを意図しました。

Kei設計室のプロフィール写真

Kei設計室

田口 健次

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2004
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
愛知県
ロケーション
郊外