建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
路地を歩く歩行者の位置によって異なるカタチに見えるファサードphoto:アトリエ・フロールhttp://blog.hako-arch.com/?cid=56294 | 下丸子の住宅
下丸子の住宅
アトリエハコ建築設計事務所
路地を歩く歩行者の位置によって異なるカタチに見えるファサードphoto:アトリエ・フロールhttp://blog.hako-arch.com/?cid=56294 | 下丸子の住宅
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る


いわゆる『狭小住宅』って何がいやなんだろう?と改めて考えてみたら「何となく縮こまって周りに遠慮しないといけない感じ」がイヤなのだと気付きました。

ということで、「四方八方に伸びをするような家」です。

ちょっと過剰気味の凹凸や、アチラコチラに向いた窓、一見トマソンな吹抜、螺旋運動が強調された階段・・・
大きくジャンプするときに一瞬屈んで力を溜めるように、ギュッとコンパクトだったり色々と接近していたり。

さしずめ空間の柔軟体操とでも言うようなこれらの「動き」が生活に活気とリズムを与えてくれるのではないかと期待しています。


The narrow site is facing the small alley that people only go through almost.

We tried to get much more living space effectively in the small building, by putting circulation spaces less as much as possible.

The family living area was placed on the upper part of the building, resulting to getting openness thanks to enough ceiling height and thanks to natural light from high windows.
In the lower part, in order to be able to live comfortably among the limited area we tried to create fluidity of the internal space by providing void in horizontal and vertical direction around the spiral stair.

The facade formed by lines of the roof, eave, railings, eaves ceiling and wall made in different angles was designed to look various different shapes in response to pedestrian's position.

アトリエハコ建築設計事務所のプロフィール写真

アトリエハコ建築設計事務所

七島幸之 +佐野友美

スペシャリスト会員
スペシャリスト会員とは
個人で建築に関連するクリエイティブな活動を行っている専門家やユニットを示します。
通常営業中です
竣工年
2012
部屋数
2
家族構成
夫婦(子供なし)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
50㎡〜100㎡未満
延床面積
50㎡〜100㎡未満
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
東京都
ロケーション
都市