建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
暮らしのアイデア帖
2016年12月19日

クリスマスが待ち遠しい!
サンタクロースにやさしい家のアイデア

もうすぐクリスマス!今年もサンタクロースの訪れを、首を長くして待っている子どもたちもたくさんいるのではないでしょうか。

今回は、サンタクロースがやってきやすい、サンタクロースにやさしいおうちのアイデアをご紹介します。

目指すはフィンランドのおうち

サンタクロースのふるさとといえば、北欧。昔からサンタはフィンランド北部のラップランド地方に住んでいると言われています。

こちらがサンタクロースに出会うことができる、ラップランド地方にあるサンタクロース村の様子。

photo by Timo Newton-Syms

photo by Cyril Doussin

丸太を積み重ねたログハウスが軒を連ね、雪深く寒い環境に合うように、家には暖炉と煙突があるのが特徴です。

photo by Jori Samonen

サンタクロースといえば煙突!クリスマス前にお掃除を

キャンバスに追加する
写真を拡大する

チムニー(煙突)のある家(株式会社 家づくり工房)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

チムニー(煙突)のある家(株式会社 家づくり工房)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

雪と自然と暮らす家(さじけいかく【佐治計画】)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

雪と自然と暮らす家(さじけいかく【佐治計画】)

サンタクロースといえば、来訪は玄関ではなく煙突です。日本でもサンタクロースをお迎えできるような煙突付きの家がほしい!そう思ったら暖炉や薪ストーブの設置を検討してみましょう。暖炉や薪ストーブの断熱効果は抜群。寒い冬でも温かく、子どもたちがのびのびと走り回って過ごすことができます。

サンタ専用パーキング!トナカイやソリを置けるベランダ

キャンバスに追加する
写真を拡大する

~屋上バルコニーとペントハウス(塔屋)のある家~(アンハウス株式会社)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

バルコニーで日光浴できる家(K’s ファクトリー 有限会社)

広めのバルコニーがあれば、サンタクロースがソリを置く場所も心配いらず!冬でも日差しを浴びてポカポカひなたぼっこ。椅子やテーブルを置いておいたら、サンタクロースもホッとひと息、くつろいでくれるかもしれません。

サンタクロースを待つ屋根裏部屋

キャンバスに追加する
写真を拡大する

屋根裏部屋の家 house in utsunomiya(Att/トートアトリエ)

キャンバスに追加する
写真を拡大する

屋根裏部屋の家 house in utsunomiya(Att/トートアトリエ)

サンタクロースを待つならやっぱり屋根裏部屋!お手紙とお菓子を用意して、とっておきの秘密基地にお招きしましょう。たとえばこんな大きな窓がたくさんあったら、サンタクロースがソリに乗って空を駆けてくるのが見えるかも!?

キャンバスに追加する
写真を拡大する

京都市St邸(空間工房 用舎行蔵 一級建築士事務所)

こんな夜空がよく見える天窓も、クリスマスの夜には重宝しそうです。

いかがでしたでしょうか。

おとぎ話や絵本、まだ見ぬ憧れの国からも家づくりのヒントは得られそう。みなさんだったらどんなおうちでサンタクロースをお迎えしたいですか?

Text SuMiKa編集部

関連する家づくりカテゴリー

おすすめ

前の記事

憧れの薪ストーブ、設置場所や費用は?冬が楽しみになる、...

次の記事

SuMiKaマガジンの編集メンバー