建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
新しく作られた北側壁面に設けられたヴァイオリン工房のエントランスと開口部。くぼませることで外壁にリズムを付けて単調な壁面になることを避けるとともに、雨除けや内部で収納として用いられている。開口部の高さは道路を歩く人に中の雰囲気が伝わるよう調整している。 | Aビルヂング
Aビルヂング
塔本研作建築設計事務所
新しく作られた北側壁面に設けられたヴァイオリン工房のエントランスと開口部。くぼませることで外壁にリズムを付けて単調な壁面になることを避けるとともに、雨除けや内部で収納として用いられている。開口部の高さは道路を歩く人に中の雰囲気が伝わるよう調整している。 | Aビルヂング
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

京都市に建つ鉄骨ALC造3階建ての事務所ビルを改修したヴァイオリン工房付きの住宅。

1階はヴァイオリン工房とヴァイオリンのレッスン室、2,3階を居住部分としている。限られた予算の中でヴァイオリン工房としての快適性・作業性を高めること、レッスン室の音響・防音性能、住空間としての質を確保することを念頭に計画は進められた。

このあたりは広義に解釈したら西陣の一角と言えないこともない。昔は何か作っていたのであろうというような住宅も多少は残っている。そんな空気が漂う町に、このヴァイオリン工房がゆっくりと溶け込んでいったらよいな、と思っている。

塔本研作建築設計事務所のプロフィール写真

塔本研作建築設計事務所

塔本 研作

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2012
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
予算帯
700万円以上〜1000万円未満
所在地
京都府
ロケーション
住宅地