建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
間仕切り壁を取り払いオープンな間取りになったLDK | 光と風の通り抜けるスケルトンリフォーム
光と風の通り抜けるスケルトンリフォーム
居アーキテクツ一級建築士事務所
相談するこの専門家の資料をリクエスト

光と風の通り抜けるスケルトンリフォーム

間仕切り壁を取り払いオープンな間取りになったLDK | 光と風の通り抜けるスケルトンリフォーム
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

【こだわりのマンションリフォーム】
約築30年の鉄筋コンクリート造マンションの一住戸をこだわりぬいてリフォームした計画です。既存の間仕切り設備すべてを取り払い、一から造りなおしたスケルトンリフォーム。
まず素材にはこだわりました。
やわらかく足にやさしい吉野杉の床、呼吸する珪藻土の壁を基本に、こだわりのタイルを場所ごとにセレクトしました。
キッチンカウンター、キッチンボード、本棚、書斎机、子供室収納、寝室クローゼット、壁面いっぱいの靴収納などなど、家具も全て使い方と収納物品に合わせて一つずつ設計し造作しました。
遮音性能、温熱環境については、インナーサッシの設置や断熱材の付加により今の新築分譲マンションレベルまで向上させました。
【風と光が通り抜ける家に】
間取りを造りなおす上で大切にしたことは、風と光が通り抜ける家であること。
オープンな間取りとし、風の通り道を各室に確保しました。様々な建具の工夫を採り入れて実現していきました。
間仕切りである引戸を開けると、家中にきもちよく風と光が通り抜けます。
【水廻りや廊下にも光と風を】
マンションの水廻りや廊下には窓が取れないことが多く、閉鎖的で空気や光を感じられないスペースになりがちです。
吉野杉の家では、快適なきもちよい水廻りや玄関・廊下をつくることも目標にしました。
自然光を取り込むために、大きめのガラス戸、欄間にもガラス戸を採用。
空気の流れを調節できる様に、引戸、欄間戸、ガラリ戸の組合せを採用。
玄関は、ほの暗さの中にきらめくタイルを使って、陰影礼賛のしつらえで来客を迎える空間をつくりました。
【宿題カウンター】
キッチン背面は、収納式のカウンターになっています。
調理をしながらキッチンの中にいても、おしゃべりしながら宿題を見てあげられる。
大切なコミュニケーションの場にもなる、宿題カウンターです。

居アーキテクツ一級建築士事務所のプロフィール写真

居アーキテクツ一級建築士事務所

上野 康子

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2013
部屋数
3
家族構成
指定なし
構造
その他
内装仕上げ
珪藻土(日本珪藻土建材エコクイーン)
床仕上げ
吉野杉の無垢材ア30
所在地
埼玉県
ロケーション
住宅地
資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる