建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
淡い色彩を持つ空間に黒を合わせる。縦のBOXと横ペンダントコードで整えている。 | smallhouse
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

狭小空間における収納と間仕切りの提案。素材はバーチのフローリングとシナべニアの組み合わせ。シナはどの塗料を塗るかで見せる品質も変わる。30種もの塗料から、これだというのを選択した。造作で作られた収納家具は、下段にベットが収まり、上部の低い天井には小物や本が収納できるようになっている。高さは施主の伸長+5cm程。中央のミルスケールのBOXとさし色で入れた朱赤が空間を引き締める。

1この事例、ここを見てください!

屋根を持つ大収納造作家具
空間のアイコンとなるスチールBOX
照明やTV台やキッチンのオリジナル家具

2理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

明るい空間と収納を手に入れたいというご要望。
バーチやシナ合板といった白木系の材料を使用し、黒の対比で明るさを強調している。
押入れごと間仕切りとなるような家具で部屋を作っている

3この事例をつくったときの思い出に残るエピソード

以前リフォームを某大に頼んだそうで、対応が悪く良い印象をお持ちでなかったが、弊社はデザイン、対応において評価を頂き嬉しい思い出だった。

4これから家づくりを考えている方へ

60㎡前後のリノベーションでは収納の考え方で空間の豊かさが変わります。
見せる収納、隠す収納を効果的に使用し広がりの感じられる空間を作りました。その上でデザイン性を追求したこのプロジェクトをご覧ください。

5オンライン内覧会へようこそ。ご案内いたします

素材感と色彩がこの空間の肝です。こだわりのキッチンや収納のデティールに注目してみて下さい。

株式会社studio m+のプロフィール写真

株式会社studio m+

藤井昌人 フジイマサト

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2014
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
RC造
延床面積
50㎡〜100㎡未満
予算帯
300万円以上〜400万円未満
所在地
大阪府