建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
もっと見る

この住宅は、なだらかな丘を開発した新興住宅地の中に位置しています。
住人は夫婦2人子供2人の4人家族です。
 敷地は西側の前面道路より1.8M高く、東側道路より3.5M低い。クライアントの希望である、独立性の高い広い庭を確保するには、東側道路からの見下される視線を遮る必要がありました。そのため建物は、南北に延びる高層棟と東西に延びる低層棟によるL字型の構成とし、そこに長いアプローチをはさむ2枚の壁と、南側の隣家の窓からの視線を遮る独立壁が付け加えられました。これらの要素は、ローコストに抑えるため出来るだけ単純な構成としましたが、内部空間にいくつもの深いパースペクティブが得られる様に考えられています。
 またリビング前の大きな庭や、車庫の上へと廻り込むテラス、そして和室前の白い寒水石の庭はそれぞれ趣を変え、ゆるやかにつながりながら内部空間とも1体となり、複雑な回遊性を作り出しています。当初、この回遊性は屋外階段により階上へと広がっていく予定でしたが、クライアントの希望により2階は家族だけの閉じた空間へと変わりました。
 全ての居室の前には2Mの深い庇がかかり、バルコニーや濡れ縁等の内外部の中間領域を作り出しています。四季の移り変わりは、ここから内部へと入りこんできます。また、雨の日には雨水が集められ、玄関ホール前の手水鉢や、リビング前の池に流れ落ちてくる。そして、H鋼の小さな川を流れていく。
「雨の日の趣も悪くはない。」そう考えた結果です。

内川建築設計室のプロフィール写真

内川建築設計室

内川 敏男

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2003
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(2x4)
予算帯
5000万円以上
所在地
三重県
ロケーション
住宅地