建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
拡張ボイドの家の建築事例写真
拡張ボイドの家
宮武淳夫 建築+α設計

拡張ボイドの家

もっと見る

両サイドは境界一杯まで隣家が建ち、南向きの間口は5m。こういう敷地では光と風を建物奥の低層部までいかに引込むか大事な課題です。手前を2階・奥を3階とし、中央におおきなボイド(吹抜け)空間を設けることでそれに答えています。ボイドは、中庭・2階テラスに加え、ガラス張りの螺旋階段、エキスパンドメタルの2階廊下、それらを集約した大きな「拡張ボイド」となっています。

詳細HPリンク↓↓
http://www.archialpha.com/works01/001_05/works001_05.html

1この事例、ここを見てください!

2階の中庭テラス周り、中央部の上下方向の広がり

宮武淳夫 建築+α設計のプロフィール写真

宮武淳夫 建築+α設計

宮武淳夫

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
3
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
鉄骨造
敷地面積
50㎡〜100㎡未満
延床面積
100㎡〜150㎡未満
予算帯
2500万円以上〜3000万円未満
所在地
京都府