建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
もっと見る

郊外の住宅地に建つ二世帯住宅です。
ほどよく距離感を保ちながら、「繋がって棲む」ということがクライアントから与えられた命題でした。
二つの家族を上下2つのフロアに分け、浴室と玄関を共有する形式をとりました。
それぞれのフロアに要望に応じた面積の部屋を並べ、その面積差を利用してできる「スキマ=吹抜」を繋げてお互いの気配を感じることのできるような住宅を提案しました。

こうした操作の結果導き出された曲面状の屋根がつくり出す内部は、視線の交錯を極力抑制しながら、上下階の光はうっすらと相互に表出し、緩やかな弧を描く天井にそって流れる風を感じることのできるような空間になっています。
実際に目と目を合わせることがなくても「包み込まれるような」感覚、一体感をこの家に棲む一人一人がイメージとして感じることができるような住宅を目指しました。

H3+/星設計室のプロフィール写真

H3+/星設計室

星 裕一郎

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2003
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
外壁仕上げ
ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺
内装仕上げ
石膏ボード+ビニルクロス
床仕上げ
ラワンベニヤ+オイルステイン+ウレタン
住設メーカー
オリジナル
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
千葉県
ロケーション
郊外