建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
もっと見る

敷地は、古くからの住宅地にあり、既存の木造建て替えです。新幹線と幹線道路から近く騒音が気になること、東側の用水路が氾濫して、床上浸水がたびたび起こっていることの解決が絶対でした。南側には児童公園があり、太陽光は期待できますが、少しプライバシーの問題があります。その他のご希望は、コンクリート打放しに住んでみたい、打放しにマッチする坪庭的なものの設置、花の栽培がご趣味なのでそのスペースとして屋上利用などでした。

様々な与条件を以下のようにして対応しました。
○騒音対策として防音サッシュとガラスを用いた。 壁面とガラス面を明確にした。
○浸水対策として、1階の床の高さを地上1mに設定。 設備機器類も全て上げた。
○坪庭的なものとして、ライトコート(光庭)を中央南側 に配した。 隣接児童公園からの緩衝空間 としても機能。 暗くなりがちな階段も、脇に設けたので、明るくなった。
○コンクリート打放しは、外気温の影響を受けやすいので、 外壁に外断熱を施し、内部に打放し面 を見せるようにした。 また、ガラスは遮熱タイプのペアガラスを使用。
○1階の床高が高い分、屋上テラスを設置する余裕がなく、代わりにリビングに接して大型のルーフ テラスを設けた。
○浸水対策のために1階の床高を上げると、各階の天井高 さを確保する事が厳しくなるので、抜 本的解決策として鉄筋コンクリート構造に薄肉ラーメン構造を採用した。 その結果、高い天井を創り出す事が可能になったり、梁型や柱型の出ないすっきりした内部が創り出せた。
ルーフテラス・リビング間は全て開口部にして、内外一体の空間を造りだしました。ルーフテラス は、廻りを比較的高い壁で覆い、周囲の建物をできるだけ見えなくなるようにしたので、プライバシ ーの高い外部空間となり、正面の天王山も美しく切り取られています。
お邪魔した時、必ず見てしまう天王山。リビングから天王山を望む事も、そういえば与条件の一つ でした。

写真撮影:宮本和義

M4建築設計室のプロフィール写真

M4建築設計室

森本 京治

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2007
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(2x4)
予算帯
4000万円以上〜4500万円未満
所在地
京都府
ロケーション
住宅地