建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
O-house | O-house
O-house
ナカガワ建築スタジオ
もっと見る

O-houseは群馬県の北端の地域に建つ店舗併用住宅です。ご夫婦と3人のお子様の家と、奥様のお仕事である理容室を併用する計画です。敷地は貯水池に面し、池にかかる大橋を望める眺めのいい場所ですが、スキー場が多くあるような冷え込みや降雪のある土地でした。
計画にあたり、周辺環境に恵まれていること、ご近所や親戚との付き合いが多くいつもにぎやかな家であること、理容室を設けること等の点から、周辺に対しオープンな計画とする事、またお子様がまだ小さいという家庭環境から必要に応じて安全性を高められることに主眼を置きました。また、なるべく雪かきが不要になるようなプランや屋根形状、寒くない家が欲しいという要望も重視しました。

1階に店舗、LDK+水周りを配置し、その南及び西側にウッドデッキテラスをL字に設けました。ウッドデッキを部屋の延長として、またアプローチとして活きた空間にするために、1間分セットバックさせ、直行方向に並ぶ短い壁で上階を支持しています。この壁は、構造的な耐力壁であると共に、LDへ光を届けつつも前面道路からの目隠しや心理的な境界線にする為の壁であり、並列した店舗部分と住宅部分を分ける壁でもあり、また外観デザイン上のアクセントでもあります。この部分の仕上げには外壁面・天井面共に松板貼りとし温かみのあるスペースとして他の部位とは変化をつけました。
2階はリビング吹抜け周りに個室と大きな子ども部屋、バルコニーを配し、雪を落とす勾配の片流れの屋根により生まれた小屋裏収納スペースと合わせ回遊性のあるプランとしました。子どもが独立した後の使い方も踏まえ、子ども部屋には中心に独立柱を設け、必要に応じて簡易な間仕切りで済むようにしたり、将来リビングや吹き抜けと一体のホールとして開け放しで使えるような想定をしています。また冬季には吹抜けを洗濯干し場する為、吹抜け・窓やバルコニーとの関係も検討を重ねました。

外壁南面は国道からよく見えるため店舗併用という性格もあり、引き違い窓ではなくスリット窓と取り込み型のバルコニーのみのシンプルな構成としました。降雪など環境の厳しい場所を考慮し、雨がかり部分はガルバリウム鋼板を採用し、木貼りのウッドデッキ・バルコニー廻りとの組み合わせました。竣工時のウッドデッキ・バルコニー周りの木部はクリア+こげ茶という色ですが、将来的に違う色を塗ることも想定した上でまずは素地の質感や経年変化を楽しむ為、この色合いが決定しました。

ナカガワ建築スタジオのプロフィール写真

ナカガワ建築スタジオ

仲川 くみ子

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
所在地
群馬県
ロケーション