建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
躯体を貫板型枠のコンクリート打放しで仕上げ、外観はコンクリートの量感を出した。 | TN-house
TN-house
エアスケープ建築設計事務所
もっと見る

エントランスギャラリーのある住宅

空間の共有と共通経験
住宅街に建つ夫婦とその母親のための2世帯住宅である。
今回の計画では当初よりふたつの世帯のための住宅という意識はあまり強くもたなかった。だから通常2世帯住宅の計画をする時に考える2世帯の関係を物理的空間(くっつける、離す、くっつけながら離す……)に写しかえる操作を検討することはあまりなかった。
というのも、計画の当初で水墨画を描くことを趣味にしている母の大きな絵を飾る場をエントランスギャラリーとして置いたことで、母の絵を介するコミュニケーションが自然と生まれることが想定されたからである。
エントランスギャラリーは両世帯を空間的に共有させることに加え、自然光を利用し情緒的に仕上げることで印象深い共通経験をさせ世帯間により深い関係を築かせている。高さのある吹抜けの片側壁面に傾斜をつけたのは、トップライトからの光に深さを与え自然と広がりながら落ちる光を感じさせるためである。2階ラウンジホールにおいても、この壁面に設けられた開口からエントランスギャラリーへと落ちていく明るい光を感じることができる。さらに壁がエントランスギャラリー側に傾斜することで境界を取り込み世帯間の距離を近づけている。

生活とアトリエをオーバーラップさせる
もともと、この敷地に建っていた家にお母様は住んでいた。自分の目で見て気に入った物をコレクションし、それらを好きな所にディスプレイし、ダイニングテーブルで絵を描いていた。子世帯と同居することで生活するエリアは小さくなるので、絵を描くことと生活することをオーバーラップさせることにした。
敷地の南西コーナーを三角に開けて、パティオを設えた。奥行のある視線を生み出すパティオと母の大判の絵を描ける大きなデスクを同じ床高さに設定し、高い位置で自然光を受け室内へ明るさを与えながら内外の連続感をつくり出した。デスクはダイニングテーブルを兼ねていて、デスクの上で描かれ新作は、展覧会に出展された後にはエントランスギャラリーに飾られる。

シーンの展開
2階においても斜めに切り取られた建物形状から、階段を中心に鋭角に展開する回遊性のあるシークエンスが創出された。LDKには三角の余白より外光が十分に採り込まれ、北側のラウンジホールには西端にトップライト、東端にハイサイドライトを設けることで明るさを獲得した。この空間は時間により光の射し込み方が変化し、白い壁面と白い階段の各面にグラデーショナルに光の色を落としている。北側に配置され裏動線になりがちな階段室とエントランスギャラリーに立体的なかたちと刻一刻と変化する光の表情を与えることで、多様な雰囲気を生み出すと共に世帯間の気配を自然と感じさせる空間をつくり出した。

エアスケープ建築設計事務所のプロフィール写真

エアスケープ建築設計事務所

安藤 毅

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2013
部屋数
指定なし
家族構成
二世代世帯
構造
RC造
敷地面積
150㎡〜200㎡未満
延床面積
150㎡〜200㎡未満
外壁仕上げ
コンクリート打放し
内装仕上げ
コンクリート打放し、塗装
床仕上げ
フローリング、モルタル、タイル
所在地
東京都
ロケーション
住宅地