建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
築40年の倉庫をオフィスにの建築事例写真
築40年の倉庫をオフィスに
株式会社STUDIO KAZ

築40年の倉庫をオフィスに

もっと見る

映像を中心とした様々な事業を展開する、大阪に本社がある会社の東京支店。場所は江東区。運河がT字に交差する場所に位置し、窓の外の運河には屋形船が係留している。工場、マンション、運河と江東区を象徴するような風景の中にある築 45年の鉄骨造の倉庫を改修した。1階は駐車スペース、倉庫スペース、エントランス、階段へのアプローチ。白いトンネル状のアプローチを空間の中に置き、そこを通ると、ウッドデッキのアプローチに出る。ガーデンライトを配し、住宅の趣を出す。ダークグレーの階段を上った2階は執務スペース、ミーティングスペース、倉庫スペース。窓がなく光が入らない受付はあえて照度を落とし、壁、天井も暗い色とすることで、その先の執務スペースをより開放的に明るく感じさせる。執務スペースは、映像を扱う会社ということで、床のフロアカーペットは5色をランダムに配置した。その一方で公園側に窓を持つミーティングスペースは、気分転換を図り、公園の風景を取り入れるためにモノクロのストライプのカーペットとした。壁は全て白くしたが、2.4mより高い部分の天井は黒とした。これは天井から吊り下げた電球型蛍光灯の光りのみを空間内に存在させようと意図したものである。その照明の点がミーティングスペースのガラスに写り込み、無限に広がっているような錯覚に陥る。三角形をした3階はプレゼンテーションルームとした。3面に窓があり、気持ちいい光が一日中入ってくるため、その気持ちよさを増すために、床、壁、天井すべてを白くし、チャコールグレーの部屋と相似形をした大きなテーブルをまん中に配置した。

江東区にはこのような物件は非常に多いし、倉庫物件は家賃が相場よりも安く設定されている場合が多い。数年間のスパンで家賃の差額を考えると、内装に手をかけることも可能になる。

株式会社STUDIO KAZのプロフィール写真

株式会社STUDIO KAZ

和田 浩一

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
東京都
ロケーション
都市