建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
高関の家の建築事例写真
高関の家
arc-d

高関の家

もっと見る



南側に道路を持つ敷地はいつも頭を悩ませる。
ふんだんに降り注ぐ陽光を室内に取り込みたいけれど、目の前の道路を往来する人々や車からの視線が気になる。カーテンを閉めっぱなしはもったいない。
腰壁を造ったり、窓を高い位置にしたり、居室の高さを上げて、外部のテラスで視線を遮ったり。敷地がとても広くて、駐車場は別にとり、リビングなどの前はふんだんに植えた樹木で視線を遮り、木陰をリビングに落とす。これが一番気持ちよさそう。
高崎の住宅街にある敷地は、目の前が細いけれど意外と車が通る道で、少し離れた先に背の高い社員寮がある。水廻りを共用とした半二世帯住宅で、左右に玄関を持つ。ちょっと一息つけるように2階の寝室にサブリビングとテラスを設けた。光や風を入れつつ、視線をコントロールするように、外部の樹木、穴あきブロック、内庭の樹木。高い所からの視線から二階と吹き抜けを守るように空中に壁を廻した。
内部からの広がりの気持ちよさを得、外部からのストレスを複数のフィルターで軽減できるよう試みた。

arc-dのプロフィール写真

arc-d

田島寛己+田島花織

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
お返事までお時間がかかります
竣工年
2020
部屋数
指定なし
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
所在地
群馬県