建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
相生の家の建築事例写真
相生の家
arc-d

相生の家

もっと見る

敷地は南東から北西へと道路に対して奥へと細長く、
西から北へと敷地を半分取り囲むような形で道路と新規住宅分譲が計画されていた。
周囲の状況が変わっていく中で、プライバシーを確保しつつ、光や風などの住環境が整うよう計画を考えた。細長い敷地の中で、将来的な活用を考え建物を既存の道路に対し奥へと配置した。建物より少し離れた所を駐車場とし、アプローチと庭を計画。長めのアプローチは木々の中を抜け、建物中心へと至。建物は周囲からの視線に配慮しコの字型とし、開いた一辺から庭とアプローチを建物内側へと導きいれている。日差しを考え南西側のボリュームは水廻りで低く抑え、2階は北側の山々を眺めつつ、1.5階のリビング空間が2階のプライバシーを確保している。大中小のボリュームの配列により光や景色、視線をコントロールし内部の奥まで届く光を導き、奥まった空間を明るくゆとりのある場としている。
周囲を気にし、内側にこもるのではなく、開いたアプローチや庭から家族の明るさが道路や町ににじみ出て行くような家になればと思う。

arc-dのプロフィール写真

arc-d

田島寛己+田島花織

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
お返事までお時間がかかります
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
所在地
群馬県
ロケーション
郊外