建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
白で統一された外観からは、想像していなかった内部空間に、オープンハウスの来場者の方々が驚かれていました。床、壁、天井、造り付け家具等の素材を、ラーチ合板で統一しています。深みのある茶系で『着色+拭き取り』を行なったことで、すでに数年が経たような落ち着きのある、力強い空間となりました。南に面する十字に縁どられた上下2段の引き違いサッシからは、借景の神社の大木が綺麗に切り取られています。 | 浜寺の家(木造2階建て スキップフロア)
浜寺の家(木造2階建て スキップフロア)
一級建築士事務所 Coo Planning

浜寺の家(木造2階建て スキップフロア)

白で統一された外観からは、想像していなかった内部空間に、オープンハウスの来場者の方々が驚かれていました。床、壁、天井、造り付け家具等の素材を、ラーチ合板で統一しています。深みのある茶系で『着色+拭き取り』を行なったことで、すでに数年が経たような落ち着きのある、力強い空間となりました。南に面する十字に縁どられた上下2段の引き違いサッシからは、借景の神社の大木が綺麗に切り取られています。 | 浜寺の家(木造2階建て スキップフロア)
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

大阪府堺市に建つ家族3人が暮らす住宅です。浜寺諏訪森という古い駅舎や路面電車が残る閑静な住宅街に位置します。旦那様が、子供のころから暮らす思い出深いこの街に土地を購入されました。北に4m道路、東西は隣家に面します。南側には諏訪森神社が小さいながら緑豊かな場所を作り出しています。計画では南側の緑を感じられることを特に意識しています。

東西に大きな窓を設けることなく明るい空間を実現するよう、換気・通風を兼ねた小窓とトップライトを散りばめ太陽の光を感じられる空間となっています。高さと素材感を最大限生かしたスキップフロアの空間構成です。東西に壁いっぱいを利用した本棚を設け、本好きな家族が今後増えていく本の収納を、小さなお子様と家族の成長と共に楽しめるよう配慮しました。

柱、間柱、下地合板を本棚として利用し外張断熱とすることで無駄の少ない空間を心掛けました。南側には十字に縁どった窓から神社からの豊かな緑が広がります。各階の距離と高さで、いつも大きな緑を感じとれるよう配慮しています。出来る限り自然に暮らすことができるような空間構成を心掛けました。東西南北とそれぞれに設けた窓を季節にあわせて開閉することで空間に自然な風が流れます。

南側1階の開口は上下に引違い窓を重ね、外部のプライバシーを気にすることなく状況に合わせて通風を得ることができるよう配慮しています。道路からの視線が気になる正面開口には可動式の板戸を設け、また素材を統一することで木に包まれた空間を強調しています。床、壁、天井、建具など可能な限りラーチ合板で統一することにチカラを注ぎました。

丁寧な選定、施工を心掛け現場で光を感じ、塗料の色及び配色を考え施工を進めました。あちこちに作り手の跡が感じられる、そんな家です。長いようで短い家づくりをご家族に同じく感じてもらうことで、いつまでも大切に暮らせるもの。いつまでも家を大切に思い暮らすことが環境にやさしい住まいにつながります。時が経つにつれ家族と共に、より深みを増していくことを願っています。


所在地 大阪府堺市西区浜寺諏訪ノ森
主要用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子供1人
規模 木造2階建て
敷地面積 123.62㎡(37.46坪)
建築面積 55.39㎡(16.78坪)
延床面積 98.07㎡(29.72坪)

外部仕上げ
屋根 FRP防水
軒天 ケイ酸カルシウム板塗装仕上げ
外壁 セメント系サイディング
開口 アルミサッシ(ペアガラス)

主な内部仕上げ
床 ラーチ合板 オイルステイン拭き取り+ウレタン塗装仕上げ
壁 ラーチ合板 オイルステイン拭き取り
天井 構造材あらわし オイルステイン拭き取り 一部ラーチ合板 オイルステイン拭き取り

一級建築士事務所 Coo  Planningのプロフィール写真

一級建築士事務所 Coo Planning

中尾 彰良

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2009
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
外壁仕上げ
セメント系サイディング
屋根仕上げ
FRP防水
内装仕上げ
ラーチ合板
床仕上げ
ラーチ合板
住設メーカー
KOBE STYLE キッチン http://www.kobe-style.co.jp,サッシ トステム
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
大阪府
ロケーション
住宅地