建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
LiVESの家
2016年11月15日

建坪13坪で“お隣さん”の距離感を叶える二世帯住宅

通町の家

LDK と洗濯室は別々。浴室と玄関だけ共有する部分分離型。吹き抜けや階段で立体的に空間をつなげ、開放感と関係性を生み出す。

text_ Yasuko Murata photograph_ Osamu Kurihara

Efd993c9-69e5-4b68-944d-f7c47344c1a8
キャンバスに追加する
写真を拡大する

家の中央にある階段が上下階を立体的につなぎ、キッチンなどの機能的空間とくつろぐ空間を分節。手すりは鉄で造作し、アクセントカラーのグレーで塗装。

通町の家

(群馬県高崎市)

設計
小阿瀬直建築設計事務所[SNARK]+OUVI
住人データ
夫(36歳)会社員、妻(34歳)会社員、長女(0歳)、母(66歳)

9d661afc-dfe5-4c4c-a863-577513614f10
キャンバスに追加する
写真を拡大する

3階には書斎スペースやバルコニーも。大きな吹き抜けで2階のリビングダイニングとのつながりを保ちながら気分を変える、もう一つの居場所となっている。

Fba51e82-6756-49ad-a739-35dbe5f581c0
キャンバスに追加する
写真を拡大する

三角屋根の形を現した天井。火打ち梁を四隅に配し、空間内に柱が出ない構造とした。収納は3階の通路にまとめ、スペースを節約。突き当たりに寝室がある。

コンパクトな敷地に建つ、建坪13坪の木造3階建て。9ヶ月のお子さまを持つAさんご夫妻と、ご主人のお母さまが暮らす二世帯住宅だ。共通の玄関を入ると、1階にはキッチンを備えるお母さまの部屋と、共用の浴室。2階と3階にAさんご家族の空間がある。

01da7071-09b0-4215-8647-c72b90f0c44a
キャンバスに追加する
写真を拡大する

外壁はグレーのガルバリウム。

二世帯をすごく近いお隣さんのようにできればいいなと思って、お母さまの部屋はワンルームマンション、A さんの住まいは一軒家を建てるような感覚で設計しました。その上で玄関、階段、通路などは大きめにつくり、広く感じられることを最優先に考えました

そう話すのは設計者の小阿瀬直さん。限りある面積の中で、LDKとトイレ、洗濯スペースをそれぞれの世帯に設ける、部分分離型とした。さらに、中央に設けた階段と吹き抜けで1階から3階までをつなぎ、世帯間のプライバシーを確保しながら、声や気配が通じ合う距離感をつくり出している。

81e8b9c8-ddb7-4f1a-a75d-a3156d58ccda
キャンバスに追加する
写真を拡大する

お母さま専用の洗濯室から2階を見上げる。お母さまの部屋には気配を伝える室内窓も。

12e63bbc-c0d6-4df0-9cdd-f1c0eb948401
キャンバスに追加する
写真を拡大する

3階の書斎スペースから見下ろす。1 階のお母さまの洗濯室から吹き抜けが続いている。

この家の敷地は、高崎駅に近い繁華街にあり、もともとはご主人の祖父母の家が建っていた。お母さまにとっては実家だったその家は、築50年以上の木造2階建てで、暗くて狭い雰囲気だったという。

C2f42950-043e-4dc4-89e2-b177b3d205b3
キャンバスに追加する
写真を拡大する

2階のリビングダイニングを中心として、3階の寝室や1 階の玄関までつながる空間。家族が動線を歩けば、その気配が家全体に伝わる。キッチンの奥は子ども部屋。

昔の家の印象が強かったので、明るく風通しの良い家にしたかった。完成してみると広々として開放的で、そのギャップに驚きました。全体がつながっているのですが、3階に書斎というもう一つの居場所をつくることができ、想像以上に広がりのある家となりました(ご主人)

3b0f122c-799d-42eb-a327-96539d23a44b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

「空が見える場所が欲しい」というご主人の声に応え、3階に大きな窓を設けた。

空間の中に、必要な要素をコンパクトに収める工夫もある。2階の子ども室と3階の寝室をミニマムな個室とし、それ以外にワンルーム状のLDKと吹き抜けでつながる書斎を配した。洗面はオープンにして、キッチンのワークトップと一体型に。3階の寝室へ向かう通路の壁に収納をまとめたことも、省スペースに貢献している。

293771e8-f313-44bc-8123-7b5253f777e4
キャンバスに追加する
写真を拡大する

自然光が差し込む3階の書斎スペース。ご主人が読書を楽しむお気に入りの場所。将来は子どもの勉強机としても使う予定。

1a0bc61e-e907-45f6-9a78-9174388986e3
キャンバスに追加する
写真を拡大する

ステンレスの天板とタモで造作したキッチン。壁にはグレーのタイル。シンプルだがニュアンスのある家具のような仕上げ。

階段で空間を切り分けています。設備や収納など、固定しなくてはいけない機能的なものは西側の壁にまとめ、階段を境目としてリビングとダイニングのシンプルさと広さを強調しました(小阿瀬さん)

7e099a0f-b81c-4208-a213-c0d523168c0b
キャンバスに追加する
写真を拡大する

1 階と2 階をつなぐ吹き抜けの手すりはラーチ合板で造作。棚の機能も併せ持つ

26830c02-4308-4658-af78-e263c2bf964c
キャンバスに追加する
写真を拡大する

キッチンのワークトップとつながる2 階の洗面。

Aさんご家族の食卓には、料理好きなお母さまが、毎日のようにお鍋を持って差し入れに来るという。理想的な〝スープの冷めない〞距離を叶えた二世帯住宅だ。

5192ac1b-8167-4d32-b0dd-307649905da9
キャンバスに追加する
写真を拡大する

リサ・ラーソンの陶器。

409fee38-7fe6-4f32-9ce5-a05c5bb4b036
キャンバスに追加する
写真を拡大する

木の家具を置いた北欧テイストの空間。

4808fa5e-586f-4da4-9621-2bce98b1294d
キャンバスに追加する
写真を拡大する


〈物件名〉通町の家〈所在地〉群馬県高崎市〈居住者構成〉母+夫婦+子供1人〈用途地域〉商業地域(準防火地域)〈建物規模〉地上3階建て〈主要構造〉木造(準耐火)〈敷地面積〉83.17 ㎡〈建築面積〉44.99㎡〈床面積〉1階 43.32㎡、2階 41.63㎡、3階23.64 ㎡、合計108.59 ㎡〈建蔽率〉54.09%(許容80%)〈容積率〉130.56%(許容240%)〈設計〉小阿瀬直建築設計事務所[SNARK]+ OUVI〈施工〉宮下工業〈構造設計〉OUVI〈設計期間〉12ヶ月〈工事期間〉8ヶ月〈竣工〉2014年〈総工費〉2,500万円


※この記事はLiVES Vol.79に掲載されたものを転載しています。

※LiVESは、オンライン書店にてご購入いただけます。
amazonで【LiVES】の購入を希望される方はコチラ

関連する記事

前の記事

人同士の繋がり、街のコミュニティをつくるきっかけになる...

次の記事

子ども目線で考えると家はこうなる!?子どもがワクワクす...