建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
もっと見る

nLDK化が進んでいる現在では、変った間取りが敬遠されがちで
ある。しかし昔の住宅の土間や各部屋を一つに繋ぐ事のできる可動
間仕切り「襖」は、家族の繋がりをいっそう深い物にしていた。

「なつかしさ」とは決して古臭いといった意味では無く、現代の住
宅の中にいかに古き良き時代の産物を取り込む事ではないか。その
結果、仕事部屋と水廻り以外、隔たりの無い一室空間が誕生した。
家族の存在をつねに身近に感じる事ができる空間は、自然と会話が
拡がり、絆が深まっていく。

各部材の既製化は通常になり、施工結果の良し悪しが一目で判別さ
れてしまう造作部材も敬遠されているのが現状だ。その中で、床は
天然木を採用し、手に触れる部材のほとんどを職人の手造りとした。
細かい部位にも職人の魂が宿っており、エイジングとともに、様々
な表情をのぞかせるであろう。

VIVOとはスペイン語で「生き生きとした」といった意味である。
中庭のシンボルツリーのように生き生きとした生活を送れるように
願っている。

sside建築設計事務所 website:http://www.sside.jp/

sside建築設計事務所のプロフィール写真

sside建築設計事務所

糸井裕構+杉山 純一+篠原智一

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2005
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
1000万円以上〜1500万円未満
所在地
東京都
ロケーション
住宅地