建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
落ち着いた雰囲気に彩度の高い家具を置くことで空間が締まる。漆喰のスタイロ鏝仕上げと木の関係性が美しい。肌は漆喰掻き落としの様に見えるが砂の大きさ大きめにしてスタイロで撫でて制作している。 | 静寂の家
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

栗の無垢材テーブルと施主所有のヤコブセンの組み合わせが空間を上品にまとめる。天壁の仕上げは、砂入りプラスターのスタイロ押さえ。プラスターの表情は骨材の量と押さえるまでの乾燥時間で決まる為、2日間現場常駐してその時間を探りながらの仕事になった。

1この事例、ここを見てください!

漆喰スタイロ鏝仕上げで制作した壁面
壁と彩度の違うオリジナルキッチンや家具、空間デザイン

2理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

落ち着いた雰囲気の空間のご要望
漆喰のスタイロ鏝を使った仕上げで、表面の表情を何度も調整し程よい陰影で雰囲気を作った。
単調にならないよう、彩度の違う造作家具で大人の空間に仕上げた。

3この事例をつくったときの思い出に残るエピソード

職人の手の動きが変わらないよう、3日常駐のチェックに対して感謝の言葉を頂きました。

4これから家づくりを考えている方へ

暗めのトーンで落ち着いた空間を作る場合は、彩度の高い色目のアイテムでアイキャッチの部分を作ることを意識しています。それによって品の良い空間が生まれるからです。

5オンライン内覧会へようこそ。ご案内いたします

兎に角漆喰の肌に注目してください。程よい凹凸の陰影が美しいです。

株式会社studio m+のプロフィール写真

株式会社studio m+

藤井昌人 フジイマサト

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2015
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
延床面積
100㎡〜150㎡未満
予算帯
700万円以上〜1000万円未満
所在地
大阪府