建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
長野県 信濃町 Ku邸  黒姫のいえ B&Wの建築事例写真
長野県 信濃町 Ku邸  黒姫のいえ B&W
くろふね建築研究所

長野県 信濃町 Ku邸  黒姫のいえ B&W

もっと見る

・寒冷地での新しい暮らしの提案
寒冷地では、冬の厳しい自然環境への生活の知恵として、室内の気積を小さくし、暖房費のコスト軽減化を図って暮らしていました。原因は、建物に断熱性・気密性がないための大きなヒートロスです。
そのため、解放感のある大きな吹抜け空間などは、経済的理由から避けられていました。今、技術的進歩により、高性能の断熱材や機器類ができて、新しい暮らし方ができるようになっています。

この住宅は、建物を高断熱・高気密化し、省エネ化して開放的な空間のある暮らしの提案をするものです。

・建物の特徴   寒冷地に建つ 高断熱・高気密 パッシブ型省エネ住宅
・具体的仕様内容
基礎~外壁に至る外断熱計画(基礎部分t100、軸組内部t100+外部断熱t50)、小屋裏の断熱材グラスウール吹込み仕様t300と樹脂サッシュ・トリプルガラスの採用による省エネ仕様。     (注.樹脂サッシュは、地域によっては使用できないことがありますので確認が必要です。)
建物を魔法ビンのように、高断熱化・高気密化すると、ヒートロスを軽減することができます。 その結果、冷暖房設備機器の必要能力の省エネ化ができ、ランニングコスト軽減へとなります。

・夏と冬の使い方・過ごし方 
夏季:自然換気による通風(高窓~低層部の窓による風の道)
樹脂サッシュ・カーテン等による熱の遮蔽,補助冷房としてのエアコン
冬季:南面開口部(樹脂サッシュ+トリプルガラス)からの太陽光・熱の利用(熱の取り込み)
流入する熱の偏りへの対応:高い所だけが暑くならないように天井ファンによる熱拡散の工夫
熱量が足りない場合の対応:補助暖房として寒冷地用ルームエアコン(4KW)1台の措置など

・景観・意匠 について  Black & White
外壁・屋根の色は、夏 影のイメージ、冬 雪のある景色との対比からあえて黒づくめにしました。これは、閉じられた冬の白い世界の中での存在感、隣接する高い杉木立や諏訪神社との関係性からです。一方、内部は広く開放的にみせるため、珪藻土の白い壁、素地を活かした木部はクリアー仕上としました。

くろふね建築研究所のプロフィール写真

くろふね建築研究所

杉原 生広

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2015
部屋数
1
家族構成
その他
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
100㎡〜150㎡未満
延床面積
50㎡〜100㎡未満
外壁仕上げ
木ズリ・ラス下地色モルタル左官塗壁
屋根仕上げ
ガルバリューム鋼板 一文字葺き 5寸勾配
内装仕上げ
PB下地珪藻土コテ押え、EP塗装他
床仕上げ
ナラ無垢フローリング張り、琉球畳敷き
住設メーカー
給排水衛生設備:TOTO クリナップ PS暖房 
建ぺい率
54
容積率
58
予算帯
2000万円以上〜2500万円未満
所在地
長野県
ロケーション
郊外
家づくりチーム

設計  意匠 くろふね建築研究所 杉原生広  構造 (有)山辺構造設計事務所 鈴木竜子

設計設備 ㈱テーテンス事務所 佐治 行三 施工者 アイエスデザイン建築設計株式会社 担当 大野晴信

土工事:(有)岩下企画 岩下重一 木工事:糸乗建築 糸乗

開口部:樹脂サッシュ ㈱エクセルシャノン 藤田  木製建具(家具共) ㈱コバヤシ工房 小林邦彦

断熱:信越ビー・アイ・ビー㈱ 国分