建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
もっと見る

高低差12mもある斜面地に建てられた住宅。硬い岩盤質の敷地のコンタラインに沿って3つのボリュームを斜面に引っ掛けるように置き、それらを三角形の階段空間で繋いでいる。敷地に覆い被さるようにあった既存の桜の大木を下から見上げるようにトップライトを設けている。

新建築住宅特集2013年6月号

写真:絹巻豊

荒谷省午建築研究所のプロフィール写真

荒谷省午建築研究所

荒谷 省午

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2013
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
所在地
兵庫県
ロケーション
坂道(斜面)