建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
トイレの家の建築事例写真
トイレの家
フューチャースケープ建築設計事務所
もっと見る

瀬戸内国際芸術祭2013の参加作品として、香川県の離島、伊吹島につくった公共のトイレです。

周縁から中心へ
伊吹島の伝統的民家では、トイレは、大抵、母屋から分かれた離れの水屋に置かれています。伊吹島では、水屋は、家からはじかれた、周縁の空間なのです。
その母屋と水屋の関係は、どこか、四国本島と伊吹島、あるいは、大都市と僻地の関係に似ています。
今、伊吹島は、観音寺からの定期船で、本土とつながるだけで、小さな離島は、四国の、そして、日本の周縁となっています。
しかし、遡れば、伊吹島は、上方と船で直接つながり、上方の流行もすぐに来る場所であり、その頃の名残で、古い京言葉が残っています。かつては、自立した小さな中心だったのです。

この「トイレの家」では、周縁だった空間を伊吹島の中心に変え、周縁となった伊吹島に強度を持たせようとしています。いつも母屋からはじかれ、家に入れてもらえないトイレが、一つに集まり、寄り添って、家の形をまとうと、核としての力を持ち始めます。

ローカリティー/インタナショナリティー
その家に、伊吹島固有の時間と、伊吹島を中心とした世界のつながりを重ね合わせました。

伊吹島の伝統的行事「島四国の日(旧暦3月21日)」「夏祭りの日(7月15日)」「秋祭りの日(10月1日)」そして、夏至と冬至の日の午前9時の太陽方位に合わせて、建築の中をスリットが通り抜けます。年に1回、その時間に、建築の中を一筋の光が通り、島民に、季節の訪れを知らせます。伊吹島のアイデンティティーを浮かび上がらせる仕掛けです。

一方、伊吹島から世界の6大陸州の主要都市(東京、ロンドン、ナイロビ、ニューヨーク、サンパウロ、シドニー)へ、最短距離で向かう光の線も、建築の中を抜けています。世界とのつながりを意識することで、かつての伊吹島の矜持を取り戻してほしい、と考えました。

伊吹島のアイデンティティー(ローカリティー)と世界とのつながり(インターナショナリティー)を重ねてみると、ニューヨークの方向に、午後2時の光が抜け、ローカリティーの延長にインターナショナリティーが見えてきます。

そして、この6つの角度の軸が交差する場所は、世界で伊吹島だけであり、世界とのつながりは、実は、伊吹島の位置を示す座標、ローカリティーそのものでもあるのです。

島の景観とのつながり
外観は、この島のふつうの民家に近いつくりです。唐突に、現代建築が舞い降りたような形にはせず、昔ながらの気配の残る島の景観を意識しています。

屋根の勾配を合わせ、外壁の色は、島の民家の色彩調査に基づいています。圧倒的に多い第1群ではなく、それに次ぐ第2群の色で仕上げたのは、景観と連帯しながら、違和感がない程度に自立した状態をつくりたかったためです。

光のスリットで、3つの棟に分かれ、その間に生まれた路地は、迷路のような伊吹島の路地につながって行きます。

路地の外壁や、洗面所の外壁は、この島に多い、焼き杉の外壁をモチーフにしていますが、まったく同じ訳ではなく、表面に風景を映し出すポリカ波板を重ねたりして、どこか引っ掛かるように、少しだけ違えています。

そして、室内最奥の大便器ブースに行くと、屋根に大きな開口部が空いています。光や雨が室内に落ちますが、丁度、伊吹島の民家で、雨水を貯めるために地中に掘った井戸を、底から見上げた形となります。

島民にとって当たり前でも、外から訪れると、伊吹島らしさとして、際立って見える路地や焼き杉、そして、雨水を貯める井戸。
それらを映し込んだ「トイレの家」で一休みしてから、島に歩き出した観光客には、伊吹島の風景が見えやすくなることを、そして、見慣れているため忘れている島民には、島らしさを、今一度、思い出していただく場所となることを願っています。

フューチャースケープ建築設計事務所のプロフィール写真

フューチャースケープ建築設計事務所

石井 大五

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2013
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
外壁仕上げ
構造用合板+FRP防水 ハマネツモレーヌ
屋根仕上げ
構造用合板+FRP防水 ハマネツモレーヌ
内装仕上げ
構造用合板 キシラデコール塗装
床仕上げ
コンクリート金鏝粗摺り仕上
予算帯
1000万円以上〜1500万円未満
所在地
香川県
ロケーション