建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
『縁側の家』の建築事例写真
『縁側の家』
インデコード design office
相談するこの専門家の資料をリクエスト
『縁側の家』の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

ポイント

縁側
1. 縁側はカーテンで閉ざされた住宅分譲地に対し開きご近所さんとお話をする憩いの場になります。
2. 縁側と格子の建具が生活のプライバシーを守り防犯性を高めます。
3. 縁側を室内の一部として使用したり季節や気分により生活の幅、楽しさを広げます。
4. 縁側にある乳白の屋根が夏の直射日光を遮り柔らかな光を室内に導きます。

可動収納
1. 構造、デザイン、間仕切りを兼ねた可動収納はコストを抑えつつ生活の自由度を高めます。

可動間仕切り
1. トラス構造が障子間仕切りの溝を兼ねているため2畳、4.5畳、6畳、8.5畳と部屋のサイズを変えられます。

ローコスト
1. 分離発注方式を採用することで坪単価50万円の家を実現しました。



60代の夫婦が住む終の住処を設計するにあたり、足腰が弱くなったりベッドでの生活が多くなった時にでも自由で快適な生活が送れるよう、
昔から馴染みのある縁側、障子の可動間仕切り、可動収納を用いた住まいを考えた。

乳白屋根の縁側は、急な雨から洗濯物を守る、外からの視線を遮る、ご近所さんとおしゃべりする、直射日光を遮り柔らかな光を室内に導く、これらを可能とし、
障子の可動間仕切りはお互いの存在を適度に確認できるとともに、広い個室、リビングが必要な時でも広さを容易に変更することができるようにしている。
可動収納は水まわりと部屋とを繋ぐ役割をしており扉の位置を変更することで収納場所とトイレなどの水まわりへのアクセス箇所を変更することができる。

縁側、可動間仕切り、障子など昔から馴染みのある要素、素材を用いて、これから起こり得る変化にも柔軟に対応できる住まいを実現できた。

1この事例、ここを見てください!

・プライバシーと防犯性を高める広い縁側
・急な雨でも安心、屋根付きの縁側
・部屋のサイズ、水まわりへのアクセスを自由に変更できる住まい

インデコード  design  officeのプロフィール写真

インデコード design office

荒井 慎司

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2018
部屋数
2
家族構成
夫婦(子供なし)
構造
木造(全般)
敷地面積
200㎡〜300㎡未満
延床面積
100㎡〜150㎡未満
外壁仕上げ
塗り壁
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
ビニールクロス
床仕上げ
ヒノキ無垢フローリング
住設メーカー
リクシル
建ぺい率
48
容積率
48
予算帯
1500万円以上〜2000万円未満
所在地
栃木県
ロケーション
住宅地
資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる