建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
3階デッキからショールーム方向を見る | Re-11/A+R本社社屋
Re-11/A+R本社社屋
H2O設計室 一級建築士事務所

Re-11/A+R本社社屋

3階デッキからショールーム方向を見る | Re-11/A+R本社社屋
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

残念な事が一つありました。コストの関係から外観のリノベーション(既存外壁の多くを占める無味乾燥なALC壁を浮かしたエキスパンドメタルスクリーンで覆い、立体感を演出)ができずに終わった事でした。

内部は、1階は工場機能が主であり、改変する部分は新規設備の導入による電源・電灯、及び空調関係と水周りの快適性の向上程度ですが、2階、3階は大きく変わりました。
両階とも階高が低いので、あえて天井を張らず鉄骨構造を現わしにして、空調配管関係、及び照明等の配線をうまく隠し、空間にアクセントを与えるためにエキスパンドメタルの設備ラインを設けたのは成功でした。

2階は事務+会議スペース、3階はショー(デモンストレーション)ルーム+倉庫の機能です。現わしの鉄骨部分は、2階は事務スペースゆえに明るく白色の塗装を施し、3階はショールームゆえに天井の高さを高く感じさせるために黒色で塗りつぶしました。

2階は、建て主さんが選んだ「インターオフィス社」というオフィス家具及びインテリアデザインを扱う会社とのコラボレーションでした。 3階は、単なる変電設備(キュービクル)置場であった屋上をショールームと一体化するために、内外壁を取り払い、木製デッキ床を敷き、木製キャノピーを新設し、キュービクルも木製板とアルミ板の表裏互い違いのスクリーンで隠し、開口サッシュコーナーは方立てなしのガラス張りとし、リノベーション前とはガラッと変わった上質の空間が実現できました。

厳しいコストの中で優先順位を建て主さんと煮詰め、良い結果を出せたと思っています。

H2O設計室 一級建築士事務所のプロフィール写真

H2O設計室 一級建築士事務所

森 大樹&小埜 勝久

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2011
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造軸組住宅(在来工法)
予算帯
4000万円以上〜4500万円未満
所在地
埼玉県
ロケーション
郊外