建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
紅葉のプロフィール写真
住所
性別
生年
職業
同居する家族構成
夫婦(子供なし)
現在の住まい種別
賃貸アパート
着々と工事が進んでるようです。実際、見てみると本当に幅がせまく奥行きがある土地でした。

コの字型プラン…。

が、候補になりそうです。
0b311655-d777-44d7-882c-39bd3e0d3361
Default_user
長方形で長い土地。日当たりどうなるのか何度考えても…悩みの種です。 #平屋 #土地 #アドバイス求む
Bb1a8fff-c212-4695-b1ef-44a8aaac4da3
家づくりカテゴリー:平屋 土地
何とでもなる気がしますね。
確かにコストも考えなければなりませんが。
寝室は寝るだけと考えればリビングなどを2階にしても
良いのかなと思いますし。
地下とか、スキップフロアとか使って屋根からずっと
明かりを導くとか。土地が大きいですから解決できると
思いますよ。ただ気になるのは旗ざお地にどんな形の
家が建つのかってことですよね...
2019年 5月 6日 15:14
コメントありがとうございます。
旗竿地と隣地は一区画でも売りに出ているようで…
   
この土地に平屋は難しいのが現実でしょうか…


終の棲家(2LDK程)になればと思っていますが、不安材料があり中々決断できない状況です…
2019年 5月 6日 17:02
お世話になります。
現在弊社で旗竿地で中庭形式の平屋住宅を設計しております。
中庭に植栽予定で自分だけの緑の環境をリビングなどの各室内から望め、自然を存分に楽しめる設計です。
周辺状況も気になりますが、ご希望されているような住宅は可能かと思いますよ!
2019年 5月 6日 17:38
紅葉さま
旗竿敷地で周囲を建物で囲まれた環境ですが、吹抜け、中庭、トップライト、ハイサイドライト等を組み合わせて明るい住環境を創出しています。
クライアントさんも当初は紅葉さんと同じような不安を持たれていましたが、明るい空間に感激されたほどです。
http://www.mac-atelier.com/works/works_12/
2019年 5月 6日 18:04
Default_user
廻りの環境は良さそうですね。明るく開放的なのも良いですが、明るさや、空間のボリュームの大小にメリハリを付けた方が、住宅空間に物語性が生じ、より良い空間になりますよ。
2019年 4月29日 14:11
こんにちは。
敷地や環境はとても良い印象を受けました。
落ち着いた空間ができると良さそうですね!
2019年 4月29日 15:11
こんにちは
n.Design一級建築士事務所の北濱と申します
良さそうな環境ですね
幅9mもあれば、ロの字、コの字、Lの字、イロイロできますよ
屋根(天井)の高さに変化をつければ採光、通風も問題なしです
奥行きも26mもあれば南側もそこそこ空けられると思います
同じような敷地だと、以前に約7.3m×25mの長方形、南道路、三方宅地のときはコの字で計画しました
2019年 4月29日 17:25
良いですね。良い土地ですね。右側には竹やぶがあるんでしょうか。
素敵ですね。参考までに僕が作った最新の平屋をご紹介しておきます。

https://www.homify.jp/projects/473753
2019年 4月29日 17:32
恵まれた敷地ですね♪
四周のビューがわかるともっとイメージが湧いてきます。
このロケーションでしたら、いろんな展開ができそうです。
2019年 4月29日 18:12
Default_user
現在、購入を検討中の土地についてです。
間口9メートル、縦26メートルの約80坪。南西向きの北側道路。東側は平屋住宅があります。

南側は3.4メートル先に二階建て、南西側は空き地です。

夫婦2人暮らしなので、2LDK位のコンパクトな平屋を建てたいのですが、縦長の土地なので間取り次第では部屋が暗くなるのが気になり…
どうしたらいいものか悩んでいます。
#土地#中庭 #平屋 #ウッドデッキ
家づくりカテゴリー:平屋
紅葉さま
はじめまして。

永冶建築研究所の永冶祐太と申します。

周囲の住宅規模など考慮し、中庭形式の設計とすれば部屋が暗くならず、落ち着いた空間となると思います。


弊社設計の中山道白雨の家と言う住宅は中庭形式の平屋です。中庭によって季節や一日の光と影を楽しめる落ち着いた空間であり、程良くプライバシーを守ることも叶えております。




永冶建築研究所

永冶祐太
2019年 4月28日 00:44
こんばんは
平屋であれば屋根に天窓を付けたり
壁の高い位置に窓を配置すると良いですよ

アット・デザインワークス
オオツキケン
2019年 4月28日 01:05
紅葉さま
アトリエ スピノザ 井東と申します。
平面及び断面に凸凹の形状を導入することで、自然光や風を無理なく導くことが可能です。
平面の凸凹は、コートハウスだったり、中庭、坪庭を設ける事となります。
断面の凸凹、つまり天井高(階高)に高低差を設け、この高低差により、高窓を設けることが可能となります。高窓(北向きが良い)から光量の安定した光が入るとともに、プライバシーを保ちながら空や星、雲を眺めることが可能となります。

それでは宜しくお願いします。
アトリエ スピノザ 井東

↓ HPです。
http://www.atelier-spinoza.com/index.html
https://sumika.me/p/pro_profiles/d65c3ea2fde3194daa6e8bd6c1be83fec6bc4008/works
2019年 4月28日 07:55
https://sumika.me/p/works/0f887fd32c2c0dc87e5b0a6af54a11b64f20f243
https://sumika.me/p/works/8fad058f582ecaef8c590ec69597ffaa280f59cd
上記2案併用し縦に1.5倍ほど拡張し1.2mほど縦細にすればおさまります。北側にでかい収納をつけデザイン的にすっきりさせれば更に良くなります。
まず予算に合わせて3Dプランニングまでをリーズナブルに依頼してみませんか?耐大災害住宅で二重債務起こさせない、震度7を震度5にし耐震金物で気が裂けない=繰り返し起きる大地震でも構造が劣化しない、亀裂を起こさない特殊設計しています。メッセージでご連絡ください。理想を形にしてあげます。
2019年 4月28日 09:46
震度7を震度5にし耐震金物で木が裂けない=繰り返し起きる大地震でも構造が劣化しない、基礎は亀裂を起こさない特殊設計しています。
2019年 4月28日 09:53
東京・白金の設計事務所:前田敦計画工房の前田と申します。天窓や中庭とプランに応じて適切に配置しますと、明るさの問題は解決できると同時に空間的にも豊かな計画も可能です。   http://www.mac-atelier.com/works/works_03/                 ■前田 敦 / atsushi-maeda   
一級建築士事務所 前田敦計画工房
〒108-0072 東京都港区白金2-1-1 パセオ三光坂408
TEL : *****
FAX: *****
mobile:*****
URL: www.mac-atelier.com
mail*****telier.com
2019年 4月28日 09:54
はじめまして。80坪の敷地があるのですから採光は十分に取れますよ。他の方が言っているように空き(中庭等)や天窓などで解決できますよ。
参考に私の1600万円(本滝価格のみ、設計料、付帯設備、諸費用、税は別途)の平屋のプランをお送りいたします。
http://earth-architect.sblo.jp/article/183413286.html

アース・アーキテクツ一級建築士事務所 鷲巣(ワシズ)
2019年 4月28日 11:33
やはり、南北に長い土地を利用して、空間を坪庭風にするのが良いのでは、ミース風が良いのでは・・・・
2019年 4月28日 21:27
勉強になるお言葉をありがとうございます。希望はロの字でしたが、自分の家の壁で暗くなるのが心配で、今の時点ではL字型かコの字プランで検討中です。田舎で山が近くにあり、鳥の囀りが聞こえるような土地で静かな環境なので、日当たりだかけがどうしても気になる所ではあります。
2019年 4月29日 12:26
東西に長い土地を探されるのがベストに思われます。お話から推測するとただ日当たりよりも邸宅としてのバランスも高レベルにお考えのようです。通常お二人では充分過ぎる環境です。求めているものがレベル的に違うのだと思います。コンパクトと言う言葉に勘違いした感があります。https://sumika.me/p/works/f0dd8ee1de9097fd791cf519f7cc39c9d1249cfb
2019年 4月29日 13:44
コメントありがとうございます。東西に長い土地がベストなのですが、平屋希望で予算的にも厳しく、この土地が予算内、立地もクリアしていた為(広すぎるというのはありますが)、後は日当たりだけが気になっていたもので…

確かにおっしゃられる通りコンパクトと言う表現は違う様な気がします。ありがとうございます。
2019年 4月29日 14:10
私は建築を第三の皮膚として無害住宅=完全ノンケミカルを作っています。つまり、自分の皮膚と同じく害をなさない新月伐採の自然乾燥材で造ってます。お気に入りの家を手に入れられること願っております。
2019年 4月29日 16:39
Default_user
SuMiKaをはじめました
Default_user
この機能を利用するには、SuMiKaの会員登録が必要です
SuMiKaに登録すると、家づくりの疑問や悩みを建築家に相談できたり、建築家と1対1で直接メッセージをやり取りできます。理想の家づくりを叶えるために、ぜひSuMiKaをご利用ください。
いいね!した人
閉じる
フォロー中
閉じる
フォロワー
閉じる