建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
翻訳家の家の建築事例写真
翻訳家の家
松井建築研究所

翻訳家の家

翻訳家の家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

区画整理事業が行われた住宅地の一角にある敷地で、東奥には築約40年の趣のある木造平屋が建っている。今回は道路側の窓の一部に別棟としてコンクリート打ち放し3階建ての家を計画した。
建主はドイツ語通訳、翻訳家としては日本でトップクラスの方で、ご自分の仕事場、住まいの場そしてギター練習、園芸を楽しむ為の趣味の場としての建物を求めた。
1階はギターの練習スペースを兼ねたプロローグホール、2階は仕事場・住スペースで、内装・家具にチーク無垢材をふんだんに使用している。3階はペントハウス風に仕立て、屋上ガーデンと一体で使用し、植栽や外での食事等を楽しめるようになっている。

松井建築研究所のプロフィール写真

松井建築研究所

松井俊一

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
部屋数
2
家族構成
単身(子供なし)
構造
RC造
敷地面積
200㎡〜300㎡未満
延床面積
50㎡〜100㎡未満
外壁仕上げ
コンクリート打ち放し
屋根仕上げ
コンクリート陸屋根テラス
内装仕上げ
コンクリート打ち放し
床仕上げ
チーク無垢フローリング張り
所在地
東京都
ロケーション
郊外