建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
W1128 Tunnel Houseの建築事例写真
W1128 Tunnel House
日比生寛史建築計画研究所
W1128 Tunnel Houseの建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

超旗竿敷地の個性である20mを超える竿状部分の1階を玄関ホールとし、ロードバイクやアート(絵画)を展示するトンネルのような土間ギャラリーに見立てています。
2階は幅の狭さを解消するために一部を吹き抜けとし、残りは細長い個室として提案しています。
更には、屋上部分を細長いルーフガーデンとして設えると共に消防隊の非常用進入口のルートとして法的な解決をし、一石二鳥としています。

1これから家づくりを考えている方へ

狭小敷地、変形敷地、傾斜地など敷地の様々な制約を欠点と捉えずに個性と見ることで、そこに建つ住宅が個性的かつそこにしか建たないものになります。
自分のライフスタイルや生活習慣、暮らし方や趣味など、自己を表現したい方は是非ご相談して下さい。
他には無いあなただけの住まいの提案を致します!

日比生寛史建築計画研究所のプロフィール写真

日比生寛史建築計画研究所

日比生 寛史

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2012
部屋数
指定なし
家族構成
二世代世帯
構造
木造軸組住宅(在来工法)
予算帯
2500万円以上〜3000万円未満
所在地
東京都