建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
「リビングの壁面一杯に本棚を造りました。階段を上ると屋上です!」建て主は、本を沢山所有しているため、リビングの壁面に垂木のリズムに合わせて本棚を造りました。リビングにある階段を上るとビールを飲む為に造ったルーフバルコニーがあります。 | 茶室と本棚の家
茶室と本棚の家
根岸達己建築室

茶室と本棚の家

「リビングの壁面一杯に本棚を造りました。階段を上ると屋上です!」建て主は、本を沢山所有しているため、リビングの壁面に垂木のリズムに合わせて本棚を造りました。リビングにある階段を上るとビールを飲む為に造ったルーフバルコニーがあります。 | 茶室と本棚の家
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

敷地の高低差を生かしたスキップフロアの住宅です。
1階は、客人にお茶を点てもてなす、玄関土間と一体の茶室と半階上がったフロアに寝室と水まわりがあります。
2階は、書斎と半階上のLDKで構成しています。建て主は本やCD等を沢山所有しているため、リビングに天井のたる木とリズムを合わせ、壁面いっぱいの本棚を造りました。さらにこの上には、寝転んだり、ビールを楽しめるルーフバルコニーがあります。
床の高さで空間を分けた、静と動のある楽しさあふれる住宅です。

1この事例、ここを見てください!

・半階ずつずらしたスキップフロアの空間はタテ・ヨコ・ナナメの広がりがあり、楽しく開放的です。
・ビールを楽しむリビングと繋がった屋上。建て主のこだわりの、こんなちょっぴり贅沢な空間が暮らしを楽しくしてくれます。
・趣味を楽しむ茶室は、いつも使う部屋ではないので、玄関の一部として計画。ゆとりのある玄関となりました。

2これから家づくりを考えている方へ

敷地の高低差を利用して計画したスキップフロア。狭い空間などは、仕切りを最小限にして、段差で用途を分ける事で、タテ・ヨコ・ナナメの広ができ、開放的になります。また、家族の居場所を吹抜けを通して緩やかに繋ぐと、「ごはんができたよ!」とか子供室の気配をリビングで感じるなど、立体的なコミュニケーションのある楽しい空間が出来ます。

根岸達己建築室のプロフィール写真

根岸達己建築室

根岸 達己

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
部屋数
3
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
外壁仕上げ
アクリル系吹付材
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
珪藻土
床仕上げ
杉無垢フローリング
所在地
埼玉県
ロケーション
住宅地