建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
KIRIOHOUSE 夫婦のためのおおらかな繋がりを感じる家の建築事例写真
KIRIOHOUSE 夫婦のためのおおらかな繋がりを感じる家
ミツバコウサクショ一級建築士事務所

KIRIOHOUSE 夫婦のためのおおらかな繋がりを感じる家

KIRIOHOUSE 夫婦のためのおおらかな繋がりを感じる家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

夫婦二人が穏やかに暮らすためのシンプルな家。大きなひとつ屋根(天井)の下、互いの気配や外の景色の移ろいを感じながら暮らせる住まいを目指しています。二人が暮らすに必要十分な広さ(20坪)と、穏やかな室内環境、イニシャルコスト(建築費)及びランニングコストの低さ、維持管理のしやすさが求められました。


 プランニング_内部は九つの区画に緩やかに機能を割り当て、大きな屋根を架け各室が欄間で繋がるシンプルな構成で、ベッドルームを中央にダイニングキッチン、趣味の部屋や水回りを配置しています。欄間で繋がることで視線の抜けや、天井に映る光から外部や互いの気配を感じることが出来ます。
南面のダイニングには大きな開口からは日が燦燦と入り、庭や隣家の緑、遠くの山が望むことができ、庭に伸びた広い庇とテラスは夏の日差し、雨などを遮ると同時に内外の繋がりをつくりだします。
また、柱と現しの梁(長押)は地場の杉で、壁、天井は穏やかな風合いのシナベニヤ、ダイニングの床は蓄熱のためにコンクリート+モルタル、それ以外はヒノキのフローリングとし温かみのあるインテリアとしました。
天井高さは低いところで2050mm高いところで3050mmと各スペースの活動内容と呼応するように変化をつけています。小さいながらも緩やかな広がりや光の変化を感じられる構成となっています。外壁には周囲の環境や緑になじむよう杉板を張っています。

 温熱環境_シミュレーションソフトで検討を繰り返し、断熱性能、日射取得のバランスを探りました。断熱性能に関しては、開口部は木製サッシまたは樹脂サッシ+Low-Eガラス、外壁は高性能16KGW100mmに付加断熱50mmを設置、屋根は同GW200mmとして、(特段の必要性がなかったため性能評価等は取得していない)UA値0.47 [W/㎡K]とHEAT20 G1レベル(0.46)に近い性能を確保しました。
床下を基礎断熱、基礎立ち上がりを極力少なくし、床下エアコン方式を採用することで、低コストで全館冷暖房を実現しています。また、24時間換気ファンには全熱交換式を採用、リビングの天窓は換気の重要な役割を兼ねるなど換気、通風にも配慮しました。開放的でありながらも身体、家計、環境に優しい住宅となっています。

ミツバコウサクショ一級建築士事務所のプロフィール写真

ミツバコウサクショ一級建築士事務所

野上 哲也

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2018
部屋数
指定なし
家族構成
夫婦(子供なし)
構造
木造(全般)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
50㎡〜100㎡未満
予算帯
1500万円以上〜2000万円未満
所在地
群馬県
家づくりチーム

写真:片山文那(ミツバコウサクショ)