建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
鎌倉の家の建築事例写真
鎌倉の家
カナデラボ 一級建築士事務所
鎌倉の家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

南斜面に宅地開発された敷地に建つ築46年の木造住宅の改修です。
南斜面の宅地のため南からの日射取得が良好な環境です。
しっかり断熱気密を施し、取得日射を蓄熱する左官磨き仕上げの土間の広縁を南側一面に設けた計画となっています。
きっとこの広縁ではいろんな素敵な生活シーンを生み出してくれるでしょう。
仕上げはほとんど施主さんの施工で、僕らは応援というかたちで一緒に作業しました。左官仕上げも職人さんと一緒に仕上げています。
工事の様子はこちら。
http://perimeter.exblog.jp/i17/

このプロジェクトはディンプル建築設計事務所と共同で進めました。

1この事例、ここを見てください!

南面に設けた家の端から端まである土間
土塗り磨き仕上げの土間
施主と職人さんと一緒に仕上げ工事

2理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

設計途中で予算が減額側に変更になりました。
耐震補強を全面的に行わなければならなかったため、できるだけ1階の皆で使う部屋に予算を集中できるように、2階の改修を最小限となるように、階段の位置を変更しないプランにまとめました。

3この事例をつくったときの思い出に残るエピソード

南側の家の長手方向の端から端まである土間の広縁空間について、無駄なスペースではないかと指摘を受けました。
図面で見るとどうしても何にも使われていない部屋のように見えてしまいます。
模型やスケッチで必死に説明しましたが、最後は「絶対に素敵になります。自信があります。」と言い切って承認をいただきました。
実際に出来上がっていくと、とても満足いただき、
子どもたちも喜んではしゃいでいます。
あの場面で自信持って主張して良かったです。

4これから家づくりを考えている方へ

家づくりは建主さんと建築家と二人三脚で進めます。理想的な住まいを設計するには時には込み入った話をする場面もあります。成功の秘訣はお互いの信頼関係を築くことができるかにあると思います。その為に私たちは徹底的なヒアリングなどコミュニケーションを大事にします。
この事例では土地建物の取得の前からコミュニケーションを取り合い、様々な話題から設計のヒントを見つけていきました。
その結果、家族と建築家、職人さんなど、みんなで住まいづくりをしている感のなか完成しました。
これから家づくりを検討される方は、表面的なデザインイメージの良し悪しではなく、二人三脚のパートナーを選ぶということが最も大事なのではと思っています。

カナデラボ 一級建築士事務所のプロフィール写真

カナデラボ 一級建築士事務所

金谷 聡史

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2016
部屋数
4
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
100㎡〜150㎡未満
延床面積
50㎡〜100㎡未満
外壁仕上げ
ガルバリウム鋼板サイディング
内装仕上げ
西洋漆喰
床仕上げ
杉フローリング 左官(土塗り磨き仕上げ)
予算帯
1000万円以上〜1500万円未満
所在地
神奈川県
ロケーション
都市
家づくりチーム

ディンプル建築設計事務所