建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
開放感が魅力の長屋/「目黒八雲の長屋」の建築事例写真
開放感が魅力の長屋/「目黒八雲の長屋」
高池葉子建築設計事務所
相談するこの専門家の資料をリクエスト

開放感が魅力の長屋/「目黒八雲の長屋」

開放感が魅力の長屋/「目黒八雲の長屋」の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

地下1階・地上3階、計18戸の長屋形式の住宅です。
敷地は東京・目黒の閑静な高級住宅街で、小割りにされず比較的大きな区画のまま戸建てが並んでいるような場所です。隣地には昔ながらの素晴らしいマンションがあり、立派な庭を借景として利用しています。このような周りの住宅のスケールに合わせるような形で3棟の分棟形式にしました。

クライアントは不動産屋さんで、要望はできる限り戸数を多くしたいということでした。経済効率を優先させつつ、単に小割りにするだけでは住環境が貧しくなるので、開口部を最大限広くとったり、上下の抜けをつくったりすることで、狭いけれども広がりが感じられるような住戸にしています。

外周部にぐるっと「縁側」と呼ぶスペースを設け、プライバシーは確保しながら、お互いを垣間見たり、感じたりという関係性をコントロールできるようにしました。
縁側と各居室の間には、カーテン状の建具があり、ここを開閉することで外との繋がり方を変えることもできます。開放的なサンルームとして、あるいは閉じた空間にもなります。

構造は、コスト削減のために壁式構造としています。通常壁式の場合、開口部は小さくなりますが、居室を小割りにして戸境壁を背骨のような形で構造的にもたせることで、開口部を大きく開けたり、吹き抜けを作ることが可能となりました。

最大の魅力は、開放感です。縁側空間をできる限り外に近い場所にするため、最上階はトップライトを入れ、床もガラスを使って下まで光が落ちるようにしました。
各住戸面積は小さいですが、大胆に開けたトップライトと横長の窓により、窓越しの空や樹木を間近に感じることができます。
地下の空堀は日照確保と両隣の暮らしの息遣いを伝え、また地下住戸すべてを繋げる設計で、広いスペースを確保しました。

1理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

都市の中の狭小住宅において、開口部を最大限広くとったり、上下の抜けをつくったりすることで、狭いけれど広がりが感じられるような住戸にしています。
また、外周部にぐるっと縁側と呼ぶスペースを設け、プライバシーを確保しながら、お互いを垣間見たり、感じたりという関係性をコントロールできるような形にしようと考えました。

高池葉子建築設計事務所のプロフィール写真

高池葉子建築設計事務所

高池葉子

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2017
部屋数
8以上
家族構成
その他
構造
RC造
敷地面積
300㎡以上
延床面積
300㎡以上
外壁仕上げ
コンクリート打ち放し
屋根仕上げ
ウレタン防水
内装仕上げ
EP塗装
床仕上げ
フローリング
住設メーカー
サンワカンパニー
建ぺい率
34
容積率
89
予算帯
5000万円以上
所在地
東京都
ロケーション
都市
資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる