建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
もっと見る

『高密都市空間の中で、個人はいかに「関係性」を築き上げることができるのか?』
それこそが、東京の中心に建つ2世帯のための小住居、という今回の設計の最大のテーマである。
設計の方法は以下の通りに進める。
・1:設計条件の土台となる敷地の上に、建物の骨格となる3種類の箱を据え付けることにより基準となる領域および箱どうし(あるいは内部空間)の関係性を確定する。
・2:領域設定により生じた場所の特性と、周囲との関係性を確立するための装置を挿入する。それぞれの装置は個別のテーマを付加する。
・3:視線・動線・通風などの諸条件により、建物に穴を穿つ。
これらの操作を通じて、個を出発点としたさまざまな関係性が確立されていくことを主旨とする。

KUデザイン事務所のプロフィール写真

KUデザイン事務所

内田 慶造

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2001
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
外壁仕上げ
ラバストーン、モルタル刷毛引き
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
PB AEP塗装
床仕上げ
栗、桜フローリング(無垢)
住設メーカー
参創ハウテック
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
東京都
ロケーション
都市