建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
道のような家 | 道のような家
道のような家
シゲルヒラキアーキテクト
もっと見る

狭小変形敷地である。建蔽率、容積が40%、80%の業界用語でヨンパチと呼ばれる規制の厳しい地域。沢山の難条件を逆手に取り気持ちのよいリビング空間を確保した。
北側の三角形状敷地を駐車場とし、残りの変形敷地に建物をあわせ、南側の庭を囲むように住宅を配置した。建蔽率一杯で、建物は細長くなった。室内は最大でも幅2.25mの道のようなチューブ状の空間。
夫婦2人だけの住まいであるが、1階はコンパクトに2階は最大限天井高を確保している。
変形土地を有効に使う為と室内に出っ張りや家具を極力少なくする為にシルバーの塊を出っ張らせその中にTVや本棚、押入れなどの収納とし、幅の狭い室内の生活や通行スペースを最大限確保している。
またたまにしか使わない和室は隠し部屋となっていて床をあげると出入り口が現われる仕掛けもある。

シゲルヒラキアーキテクトのプロフィール写真

シゲルヒラキアーキテクト

平木 繁

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2004
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
予算帯
1000万円以上〜1500万円未満
所在地
東京都
ロケーション
住宅地