建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
リビングの一角に3畳小上りの建築事例写真
リビングの一角に3畳小上り
忘蹄庵建築設計室

リビングの一角に3畳小上り

もっと見る

依頼者のご要望

子供の受験を控えこれまで親子で使用していた寝室を子供に譲り、リビングの一角に建具で仕切れる小上がりを作りそこを夫婦の寝室として使いたいというご要望でした。リビングの一部としてもなじむ木質素材の仕上げであることと、大容量の床下収納の確保が求められました。


設計・デザインのポイント

小上りを施工するにあたり、まず大工と家具屋のどちらに施工してもらうかを考えました。大工は現場の状況に合わせて臨機応変にまたぴったりと隙間なく施工できるという利点がある一方、家具屋は工場で制作したものを組み上げていくため現地での工期が短いという利点があります。受験勉強に支障がないよう工期を短くすることと工事費が抑えられることから家具屋の施工としました。
出来るだけ隙間なく取り付けられるよう入念に取付方法の検討と実測を行いました。

狭く仕切られた空間では床・壁・天井などの仕上がりが目に近いため、すっきりとしたデザインであればあるほど職人技が見えてくる作り込まれたディテールが必要です。米杉の柱と鴨居、米松の敷居、厚さ36mmの杉床板などを仕上げ材に使用しました。白を基調に統一感のあるデザインとなっている現状のマンションに本物の素材、本物の空間を取り入れることで全体の質感が高まり、豊かなリビング空間になりました。

忘蹄庵建築設計室のプロフィール写真

忘蹄庵建築設計室

堀 紳一朗

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2016
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
RC造
予算帯
50万円以上〜100万円未満
所在地
東京都
ロケーション
都市