建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
 外観は片流れの屋根が寄り添うフォルムとし、エントランス側に対して妻面を見せる計画としています。素材はダークグレーのリシン壁に杉の羽目板をアクセントに使用。木製の玄関扉と連続させて、そこが入口であることを印象付ける計画です。 | 八王子の家
八王子の家
シーズ・アーキスタディオ建築設計室
 外観は片流れの屋根が寄り添うフォルムとし、エントランス側に対して妻面を見せる計画としています。素材はダークグレーのリシン壁に杉の羽目板をアクセントに使用。木製の玄関扉と連続させて、そこが入口であることを印象付ける計画です。 | 八王子の家
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

郊外型住宅。ご近所の人が立ち寄れるような場所、スポーツ好きの子供に使い勝手の良い間取りが要望でした。また、この地で育った奥様の、言葉では表現できない大らかなスケール感を感じ取ることが設計の要となりました。

玄関扉を開けると広々したデッキ空間が視界に飛び込んできます。左に目をやれば棟続きであっても「離れ」的な独立感を持っている和室があります。玄関は、その和室とLDKをつなぐ渡り廊下的なつくり方です。

リビングは南面いっぱいに開口が広がっていて、陽射しをコントロールする電動外部ルーバーが設けられています。北側には、この家のもうひとつの核となるスタディコーナー。キッチンにもつながる2wayで普段は開放、お客様が招きいれた時のみポリカーボのコーナー引戸を出して小部屋に早変わりさせます。お子さんが気兼ねなく机いっぱいにノートを広げていても、突然のお客様の目に止まることはありません。

シーズ・アーキスタディオ建築設計室のプロフィール写真

シーズ・アーキスタディオ建築設計室

白崎泰弘 ・白崎治代

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2014
部屋数
指定なし
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
延床面積
100㎡〜150㎡未満
外壁仕上げ
リシン吹付け・杉羽目板
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
クロス
床仕上げ
フローリング
予算帯
2500万円以上〜3000万円未満
所在地
東京都
ロケーション
郊外