建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
上笠の家の建築事例写真
上笠の家
株式会社 ALTS DESIGN OFFICE
相談するこの専門家の資料をリクエスト
上笠の家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

日本家屋をなぞらえる家

2人のお子さんとご夫婦の新しい住まいです。
都市中心部から少し離れ、昔ながらの家が周囲に広がる地域内に、新しく分譲された土地を購入されました。南面が共用道路に面し約300㎡の広い敷地での計画です。


ご夫婦の要望の一つは、人通りのある南面に生活感を出したくないけれど、開放的で明るい空間にしたいということでした。そこで周囲の昔ながらの家の”つくり”からヒントをもらい、「外構と家との関係性・あり方」について考え直しました。


田舎にある日本家屋は、門をくぐり、庭を通り玄関へ向かうような導線が多いです。
建物の前に庭を設けることで家の前を歩く人々や家を訪れる人々の視線を庭に向けることができます。
このような導線・視線の操作をアレンジし、今回の建物に落とし込んでいきます。
門塀→庭→建物というように、敷地の奥へ進むにつれてプライバシーエリアが広がります。
今回の計画では、ガレージスペースが門塀のような役割を担っています。LDK部分は、外を感じるようなガラス張りの空間が広がります。LDKの奥へと進んでいくとプライベートスペースが広がります。
ガレージ→LDK→寝室・水回りと敷地単位ではなく、建物単位に細かく用途を分け、導線を構成していきました。

また、視線の操作として、LDK上部の外へ延びる天井(屋根)周囲の壁をガラス張りにすることで、屋根が宙に浮かんでいるように見え、外を歩く人々の視線を屋根へ向くように仕掛けました。
このガラス張りの壁から南の日光を室内に取り込むことを可能にし、南に開いていないがとても明るい空間を生み出しています。


昔のような日本家屋の空間をつくるだけだと薄暗い空間になるけれど、導線を敷地単位ではなく、建物単位で落とし込んで計画し、視線の操作を行うことで、現代でしかつくれない新しい心地よい空間をつくることができました。

株式会社 ALTS DESIGN OFFICEのプロフィール写真

株式会社 ALTS DESIGN OFFICE

水本純央

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2019
部屋数
3
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
200㎡〜300㎡未満
延床面積
150㎡〜200㎡未満
予算帯
3500万円以上〜4000万円未満
所在地
滋賀県
ロケーション
郊外
資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる