建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
東大泉の住宅の建築事例写真
東大泉の住宅
水石浩太建築設計室

東大泉の住宅

東大泉の住宅の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

「横長出窓のある家」
閑静な住宅地の南西角地に建つ住宅です。2階+小屋裏というボリュームを平面的に3×2で分割した上、平行四辺形の敷地形状に合わせ南北でわずかにずらして配置しています。1階はプライベートスペースで、階段室の中心とした回遊性のあるプランニングによって将来的な増室にも対応できるようにしています。平面をずらした壁で生じるスペースには棚板を設けてベンチや机をつくりました。2階はパブリックスペースで、階段室の周囲をダイニング、リビング、和室が取り囲んでいます。南側は1階から半間跳ね出して、さらにダイニングとリビングを貫く出窓が跳ね出すことで、2段階の軒下スペースを作ってこの家の特徴になっています。また、家全体の壁・天井仕上げを合板と珪藻土で交互に連続させており、家中で単調にならない多様性を生み出しています。

写真:石井アトリエ

1この事例、ここを見てください!

横長の出窓、スリットからの採光と通風、回遊性が可能にする可変性

2理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

角地なので外からの視線が気になるということでLDkは1階ではなく2階に設けました。その分1階の防犯を気にされたために掃き出し窓にはシャッターを付けましたが、シャッターボックスは軒天井内に納めることで極力存在感を無くしました。

3この事例をつくったときの思い出に残るエピソード

可変性のある1階を将来的な子供達の場所と考えていますが、小屋裏を利用したロフト部分の方が彼らにとっては楽しいようで、当面はそこがプレイルームになりそうです。

水石浩太建築設計室のプロフィール写真

水石浩太建築設計室

水石浩太

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2013
部屋数
3
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
100㎡〜150㎡未満
延床面積
100㎡〜150㎡未満
予算帯
2500万円以上〜3000万円未満
所在地
東京都
ロケーション
住宅地