建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
K邸新築工事(鳥取県米子市)の建築事例写真
K邸新築工事(鳥取県米子市)
(株)TEAM STUDIO ARCHITECTS

K邸新築工事(鳥取県米子市)

もっと見る

この建物は閑静な住宅地に建つ、新婚夫婦の為の住宅である。
敷地前面(東面)には線路、敷地裏面(西面)には公園があり、公園側は今後建物が建つ心配がない為、公園も敷地の一部として視覚的な広がりを感じられるように・・・、そして線路側からの騒音を抑える計画とした。
敷地東面(約20m先)の線路は、早朝~深夜まで通常の電車の他、貨物列車等も通過する。騒音対策の為、東面外観の開口部の位置及びサイズを必要最小限とし、その他にペアガラス、断熱材(厚さ・素材を考慮)を採用することにより、東側からの騒音の進入を抑えることを考え、更に、間取りの配置を考慮した。
東西を突き抜ける玄関ホールは、全て土間となっており玄関という存在を曖昧なものとし、玄関としての役割の他、居住スペース(LDK)と、クローク・水廻り(トイレ・浴室)とを分離する為の空間とした。開口部を閉めると、それぞれのプライバシーを高める。そして天気の良い日には、それぞれの開口部を開口すると玄関ホール+LDK+デッキの大空間として繋がり、また一味違った空間に成る。昔からの田プランの様に変化する間取りを目指した。(LDK外周のL字型デッキへとも繋がる)
更に、玄関ホール(土間)→バスデッキ→公園へと視覚的な広がりを持つと共に、家全体へと風が流れ、風の抜け道としての役割を持たせた。
1階の中心となるLDKの外周にはL字型に外部デッキを繋ぎ、南及び公園側への視覚的な広がりを与えた。そして、深い庇を通してやわらかい光がLDKに入り込む様に。更に、雨の多い山陰でも外部へと出易い環境をつくることを意識した。
線路側(東側)には騒音・プライバシーの関係で必要最小限の開口部しか設けていない為、LDKへの採光は主に南から西側にかけての光を室内に取り入れている。公園側(西側)の先には小高い山があり、夕暮れ時には深い庇と相まって強い西日が直接LDKへ入り込むのを遮っている。(敷地と周囲の関係を考慮した)
1階LDKと同様に、2階フリールームも騒音対策の為東面への開口部は最小限とし、寝室は、ウォークインクローゼット・トイレを介して北西に配置することで考慮した。

(株)TEAM STUDIO ARCHITECTSのプロフィール写真

(株)TEAM STUDIO ARCHITECTS

藤原 伸一

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
所在地
鳥取県
ロケーション
都市