建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
片瀬山の家 | 片瀬山の家
片瀬山の家
向山建築設計事務所
もっと見る

彫刻家である私の兄と両親のための二世帯住宅。既存の階段のあるアプローチを併設したアトリエ用として、親世帯には段差のないアプローチを新設した。二世帯住宅は将来を意識して設計することが非常に大事である。ある家族には最適な二世帯住宅も他人に渡れば特殊な住宅となりえる。つまり家族構成が変化し間取りが家族に適さない状態になった時に解体の運命を辿りかねない。建替えのサイクルが平均31年と短い日本では寿命でない住宅が解体されている。そこで「片瀬山の家」では二つの世帯とアトリエ、それぞれに玄関を設け独立させている。これは両親の年齢などを考慮していくと玄関、水廻りなど間取りの一部を共有するような2世帯住宅という家族形式が長くないと考え、各エリアの独立性を高め、家族が亡くなる、あるいは転出しても、他の家族が入って住めるような融通の利くプランとした。可能な限り解体されずにバトンタッチを繰り返せる家とした。「片瀬山の家」は私が生まれ育った住まいを解体し建てられた。残念ながら、築35年の以前の住まいは新しい家族形態に対応できませでした。「片瀬山の家」が世代や、家族構成の変化を超えて少しでも長く存続されることを願って設計した。

向山建築設計事務所のプロフィール写真

向山建築設計事務所

向山 博

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2008
部屋数
5
家族構成
二世代世帯
構造
木造軸組住宅(在来工法)
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
神奈川県
ロケーション
住宅地