建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
ヴィラ外観 | KATADA Lodge&Villa~和の素材と技の結集
KATADA Lodge&Villa~和の素材と技の結集
多田建築設計事務所
相談するこの専門家の資料をリクエスト

KATADA Lodge&Villa~和の素材と技の結集

ヴィラ外観 | KATADA Lodge&Villa~和の素材と技の結集
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

青い空が澄み渡る三重県津市の丘陵にある津カントリー倶楽部。その18番ホール脇に建つKATADA Lodge&Villaは、まるで波打つ海に浮かぶ3槽の船のように佇みます。
ツインルーム4室のロッジ棟、食事や団らんを楽しむラウンジ棟、18番ホールの眺めを楽しめるヴィラの3棟からなっています。
ゴルフ場のアンジュレーション(高低差)を活かした配置で、各建物の間に心地よいリズム感をもたらしています。
外壁は神宮備林のある岐阜県加子母村産のヒノキを使用。建具はすべて木製建具としています。ライティングデスクや椅子、ベッド架台などのすべての家具は地元の家具職人の作品を採用しました。また材料は木、紙、土、草などの自然素材を厳選。設計の段階からこだわったのは、現地まで足を運び、職人たちに会い、納得したものだけを選ぶことでした。
プラスチックやアルミの既製品を使用することを極力回避しました。何よりも職人の手仕事、勘を大切にし、その仕事ぶりを最大限に建築意匠に調和させています。
すべての建物の窓は、ピクチャーウィンドウとして美しい景色を切り取ります。そこに佇む人々の目を楽しませ心を満たすように設計しています。
ヴィラは18番ホールを眼下とする丘に配置。浴室、居間、寝室を大きな木製建具で開放しました。軒の深いテラスを張り出し、浮遊感をもたせている。そこからは、目の前に18番ホールの雄大な景色が広がります。
ラウンジは夕景を意識し、オレンジ色に染まった景色と馴染むよう、室内に使用する木の分量と配置を吟味しました。まるで行灯の中に佇んでいるような感覚になります。
ロッジは陶芸家/川喜田半泥子のアトリエのある長谷山と対峙しているのが最大の特徴です。
山の稜線と屋根勾配を合わせ、自然と人工物が共鳴しているかのような形態をとっています。ロッジ中央のラボは、パソコンが使用可能な宿泊客の共有スペース。両側はガラスの建具で仕切られ、長谷山に抜ける開放的なスペースです。

1この事例、ここを見てください!

景観に配慮したピクチャーウインドウ
窓はすべて木製建具
外壁は伊勢神宮の建物に使われている加子母の檜材

多田建築設計事務所のプロフィール写真

多田建築設計事務所

多田博+多田祐子

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2019
部屋数
6
家族構成
その他
構造
木造(全般)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
300㎡以上
外壁仕上げ
加子母檜張り
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
土壁
床仕上げ
無垢フローリング
予算帯
5000万円以上
所在地
三重県
ロケーション
郊外
資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる