建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
江田の家の建築事例写真
江田の家
zeal architects
相談するこの専門家の資料をリクエスト

江田の家

江田の家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

記憶を繋ぐ

雄大な河川に沿って建つ、一戸建て住宅の計画。建主である私の弟家族は、これから始まる子育ての場所として祖父母が暮らし、自らも幼少期を過ごした思い出の敷地を選択した。 既存の住宅も思い出が詰まった場所ではあったが、老朽化も進み、そう遠くない未来に姿形が失われることが予見された。そのため、今回の計画では、そちらには手を加えず、隣に建てる新居にこの場所で過ごしてきた記憶の要素を取り入れることで、後世へその思いを受け継いでいきたいと考えた。

この住宅は、共通の記憶としてあった「遠方から見える切妻屋根のシルエット」を意識して、既存の住宅と屋根の形状やスケールを合わせている。その一方で、がけ条例の規制範囲を回避し、大型車両が頻繁に行き交う道路からの距離を確保するため、建物幅を縮小、長さのある2層のヴォリュームとした。

また、既存の住宅において、強風や埃を避けるために締切りとなっていた道路側の開口部は、新居では設けない計画とした。代わりにそちら側へは内部動線を集約することで、全ての居室を河川側に配置、同様に記憶として残る「窓から見える川辺の景色」を再現した。 一般的に、西側へ開口部を設けることは、住環境計画の上でも避けるべきだが、この住宅においては、河川側の豊かな環境を内部に取り込み、日々の暮らしの中で感じられることを優先している。

内部は、1階の中心にLDKを配置、基礎の立上りを腰壁に見立てて、仕上げを全面タイル張りとした。 愛犬の健康に配慮しつつ、これから成長していく子供が気兼ねなく遊び回れる空間となっている。2階は、勾配天井を活かして天高にメリハリを持たせた。 天井の始点と開口部の位置を下げることで、西日対策をしつつ、全体が落ち着いた印象となるように意識した。

これまで親族が集い、慣れ親しんできた既存の住宅は、その役目を終えようとしている。これからは、隣に建つこの住宅がその役目を引き継いで、新たな思い出の場所となっていくことを願う。


計画地:熊本県玉名郡
用途:住宅 / 新築
規模:木造2階建
延床面積:134.15㎡
竣工:2021.6
設計・監理:zeal architects
構造:株式会社川田知典構造設計
施工:新規建設株式会社
撮影:abc pictures(1枚目と最後のみ zeal architects)

掲載:アーキテクチャーフォト、TECTURE
 

zeal architectsのプロフィール写真

zeal architects

渕上 達矢

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2021
部屋数
3
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
延床面積
100㎡〜150㎡未満
所在地
熊本県
ロケーション
郊外
資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる