建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
蓼科高原の家大開口から遮るものはなく広がる景観です.八ヶ岳とアルプスが眼前に見えます. | 八ヶ岳が一望できる週末住宅|蓼科高原の家
八ヶ岳が一望できる週末住宅|蓼科高原の家
中庭のある家づくり|水谷嘉信建築設計事務所

八ヶ岳が一望できる週末住宅|蓼科高原の家

蓼科高原の家大開口から遮るものはなく広がる景観です.八ヶ岳とアルプスが眼前に見えます. | 八ヶ岳が一望できる週末住宅|蓼科高原の家
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

大開口から八ヶ岳が一望できる別荘
蓼科高原の家

この週末住宅の一つの特徴は,開け放されて開放的となった広間の7mの大開口から八ヶ岳やアルプス山脈が一望できる事です.
レッドシダーのデッキ材を床板に利用して,屋外のレッドシダーのデッキ材と一体化することで内と外の連続感をさらに増幅させました.

もう一つの特徴は,開放的な内風呂としただけでなく,屋外に大きな開放的な露天風呂を設けた事です.
コンクリート製の基礎を傾斜地に作り,四国の青石で仕上げた大きな浴槽で,やはり眺め的には大変よく,八ヶ岳やアルプス山脈がゆったりと一望出来ます.
夕暮れ時には露天風呂の上空は霧が立ちこめ,湯船の底の水中ライトによってその光がまるでオーロラの様に幻想的にゆらめきます.

この週末住宅は長野県茅野市の蓼科高原にあり.その中の八ヶ岳を望む絶景のポイントにある週末住宅の別荘の増改築です.

1この事例、ここを見てください!

・八ヶ岳が一望できる大開口
・内と外とがつながり、空気感が感じられます
・南アルプスも見れる7m大開口は、リノベーションで作りました

2この事例をつくったときの思い出に残るエピソード

蓼科高原の標高は高いです。真夏の現場でしたがいつもヒンヤリとして、来るたびにとても気持ちよかったことが忘れられません。

3この事例を、何かにたとえるなら?

理想郷
天空の城

4理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

蓼科高原の家はリノベーションです。
壁を取り去り鉄骨の補強をすることで、7m大開口が実現しました。

中庭のある家づくり|水谷嘉信建築設計事務所のプロフィール写真

中庭のある家づくり|水谷嘉信建築設計事務所

水谷 嘉信

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2004
部屋数
3
家族構成
夫婦(子供なし)
構造
木造(全般)
敷地面積
300㎡以上
延床面積
50㎡〜100㎡未満
外壁仕上げ
杉板
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板 タテハゼ葺
内装仕上げ
漆喰木ゴテ仕上
床仕上げ
レッドシダーフローリング
住設メーカー
オリジナル・キッチン
予算帯
2500万円以上〜3000万円未満
所在地
長野県
ロケーション