建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
道路側外観。道路側の桜の大木をはじめ、敷地内の木をできるだけ切らずに済むように建物の位置を決めました。桜の木の下にもぐりこませるように、高さを抑えた華道教室を設けています。外壁は劣化しない断熱材を用いた外断熱工法を使用しているのもこの住宅の特徴です。 | 北烏山の家(2世帯住宅、庫裏)
北烏山の家(2世帯住宅、庫裏)
中川龍吾建築設計事務所

北烏山の家(2世帯住宅、庫裏)

道路側外観。道路側の桜の大木をはじめ、敷地内の木をできるだけ切らずに済むように建物の位置を決めました。桜の木の下にもぐりこませるように、高さを抑えた華道教室を設けています。外壁は劣化しない断熱材を用いた外断熱工法を使用しているのもこの住宅の特徴です。 | 北烏山の家(2世帯住宅、庫裏)
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

この住宅は、世田谷にあるお寺の庫裡。若い住職とご家族の住まいです。
法的に木造とすることができないことからRC造とし、
安定した温熱環境と建物の耐久性の向上といった観点から
RC外断熱工法を採用した建物です。

敷地は、お寺の境内という条件にあって、
「外観と檀家さんが使用するスペースは本堂や周辺とのバランスをとったデザイン」
「家族のスペースはカントリー調」
といったことが求められたものです。

住まいの他に、応接室、法衣室といった部屋の他、
奥様が華道を教えるための部屋もある家です。

内装や建具に使用する木はバーチ材を主として、レッドシダー、たも、桧、栗の
無垢材、漆喰や珪藻土(ライムコート)といった壁材、テラコッタやレンガ等を
フローリング以外の床に使用した自然素材の家です。

既製品や石油化学製品の使用を極力少なくすることで
「これからの長い月日を共に過ごすことができる味わいと暖かみのある建築」
となることを期待した住まいです。

中川龍吾建築設計事務所のプロフィール写真

中川龍吾建築設計事務所

中川 龍吾

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
竣工年
2013
部屋数
7
家族構成
二世代世帯
構造
RC造
敷地面積
300㎡以上
延床面積
200㎡〜300㎡未満
外壁仕上げ
アルセコ外断熱工法(リシンこて塗)
屋根仕上げ
カラーステンレス鋼板、平葺
内装仕上げ
カルクウォール塗、ライムコート掻落とし
床仕上げ
バーチ、タモ無垢板貼、テラコッタタイル
住設メーカー
ウッドセッション、東京ストーブ
建ぺい率
18
容積率
20
予算帯
5000万円以上
所在地
東京都
ロケーション
住宅地