建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
下連雀Y邸の建築事例写真
下連雀Y邸
遠藤誠建築設計事務所
下連雀Y邸の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

ファーストプランの時に一番考えたのは、既に2階配置が決まっていたL・D・K及び中庭との相互関係でした。提案プランは決してインパクトの強いものではありませんでしたが、施主のYさんにはこのバランスを気に入っていただき、ご採用いただけたようです。
中庭とデッキテラスをL字型に囲む立体コートハウスで、LDKのみならず1階寝室や土間玄関からも、塀で囲われた中庭を介して採光、通風、そして緑の眺望を享受することができます。またL・D・Kは異なる天井高とするなど、家全体の空間は緩やかにつながりながらも抑揚のある構成となっています。
中庭のシンボルツリーを、最後にYさんと共に植栽畑に選びに行った際、なかなか決められないことが多かった?奥様が「この樹がいい!」と即決していただいたことが印象に残ります。(少し予算オーバーでしたが…)このアオハダという樹が2階の目線レベルまで育つ頃には、より良いバランスの住まいとなることでしょう。

1この事例、ここを見てください!

L型の塀で囲われた中庭/プライバシーと開放性の両立/オープンな2階LDK

2理想の暮らしの実現のため、こうして私は課題を解決した

比較的隣戸の近接した環境であるのに対し、2層分のL型の塀を設けることで、プライバシーを確保しつつ開放的なLDKとすることを実現しました。

3これから家づくりを考えている方へ

ローカルな立地の場合LDKは1階に設けることが多いですが、都心部では上階に持ってくることも少なくありません。敷地環境や家族のライフスタイルをよく考慮し、どちらにするか考えることは計画していく上での最初のポイントです。

遠藤誠建築設計事務所のプロフィール写真

遠藤誠建築設計事務所

遠藤 誠

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2015
部屋数
2
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
100㎡〜150㎡未満
延床面積
150㎡〜200㎡未満
外壁仕上げ
モルタルジョリパット
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
珪藻土
床仕上げ
無垢フローリング
住設メーカー
ウッドワン リクシル
予算帯
3000万円以上〜3500万円未満
所在地
東京都
ロケーション
郊外
家づくりチーム

山菱工務店(三鷹市)

野村基建築構造設計