建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
子どもの自立心を育む家/「豊田の家」の建築事例写真
子どもの自立心を育む家/「豊田の家」
高池葉子建築設計事務所
相談するこの専門家の資料をリクエスト

子どもの自立心を育む家/「豊田の家」

子どもの自立心を育む家/「豊田の家」の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

愛知県豊田市に建つ、夫婦と小学生2人の子どもたちが住む家。
特徴は、内と外が移ろう通り土間と、4枚の屋根。

ご主人は、映画や音楽が趣味であり、音響空間を楽しむことができる「窓のないリビング」を望みました。窮屈な空間にならないよう、この部屋を「蔵」と呼び、趣のある空間として考え、映画鑑賞にふさわしい暗い色の左官壁で塗り込みつつ、小さな窓を一つだけ設けました。「蔵」は、土間を介してアクセスすることで、ほかのスペースとは独立させます。

設計の段階で、一番の楽しみは子どもたちとの対話でした。子どもたちから、こちらがはっとさせられるような意見が出て、その感性の鋭さに感心した。上の子は、家の中に自分の家があるような独立した空間を望み、下の子は、遊び心のある空間を望みました。子ども部屋へはテラスを介してアクセスするようにして、「子どもの家」として独立させるようにしました。これは、子どもに自立心を育ませたいというお施主様の要望です。

子ども部屋や蔵の間に挿入された通り土間の空間は、内と外が切り替わっていくことで、内と外の「間」の空間として体験でき、環境や個人のプライバシーを調整できる緩衝空間となっています。この家には、いわゆる「リビングルーム」はありませんが、大テーブルを設えたダイニングは、主婦と子どものための昼間の居場所、夜は家族の憩いの場になります。

前面に大きくせり出した庇の下の空間は、アウトドアリビングのように使うことができます。ここで餅つきやバーベキューを楽しんだり、子どもたちや飼い犬が走り回ります。4枚の屋根が寄り添う佇まいが、「個」のつながりという、この家族の形を表しています。

1この事例、ここを見てください!

1. 大きな庇下のアウトドア・リビング
2. 内外を横断する通り土間
3. 木の外壁

高池葉子建築設計事務所のプロフィール写真

高池葉子建築設計事務所

高池葉子

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2019
部屋数
6
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
100㎡〜150㎡未満
延床面積
100㎡〜150㎡未満
外壁仕上げ
杉板張り
屋根仕上げ
板金
内装仕上げ
エクセルジョイント(左官材)
床仕上げ
フローリング
住設メーカー
特注家具
予算帯
3500万円以上〜4000万円未満
所在地
愛知県
ロケーション
郊外
資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる