建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
あきる野市N邸 | あきる野市N邸
あきる野市N邸
建築設計事務所 山田屋
もっと見る

100年以上もの歴史を持つ蔵屋敷を現地再生し、新築部と同居している住宅である。
蔵屋敷、雑蔵、大欅、武家門、屋敷林と、手掛かり要素に恵まれた敷地である。歴史との共生というテーマに対し、歴史物に同調しながらも、対峙点をつくることで、互いの個性を強調させる相乗効果をねらっている。
つまり、赤い屋根、自然素材の壁、という共通脈を敷いた上に、白と黒、漆喰壁と板壁、瓦と金属、といった対峙をさせている。
中廊下式住宅の形式を採っているが、動線や視線が対流できるように各部屋間の境界を曖昧にしているので、雰囲気としての境界の役割を中廊下に付与している。

建築設計事務所 山田屋のプロフィール写真

建築設計事務所 山田屋

山田 哲矢

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2006
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(全般)
所在地
東京都
ロケーション
郊外