建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
高窓の家の建築事例写真
高窓の家
カナデラボ 一級建築士事務所
相談するこの専門家の資料をリクエスト
高窓の家の建築事例写真
キャンバスに追加する
写真を拡大する
もっと見る

新幹線からも目立つ南側の大きな高窓。
敷地の都合ですぐ南側にお隣さんが建っているので日当たりが悪く、
最初に敷地を調査した時は全体的に薄暗い印象でした。
建て主さんもこんな敷地だけど明るい部屋にしたいというお話から設計が始まりました。
大きな南側の高窓は吹き抜けの最も高い位置にあり、2階からでもお隣の屋根しか見えない高さに計画しています。
冬は日射を遮ることなく高窓から陽が入ります。
吹抜けの上部から温められた空気を床下に送り込む送風機を組み込んでいて、
サーキュレーションにより床下がじんわり温まる仕組みです。
(床下は断熱気密が施されています。)

問題は夏の日射。ここまで大きいと何か配慮しないと室温がオーバーヒートしてしまいます。
設計当初は庇を取付ける検討もしましたが、吹き抜けから高窓を見上げると空が見えなくなるのも残念なので悩みました。
この高窓の一部は開閉できるようになっていて、1階には地窓(床の近くに設けた低い窓)として留守中や就寝中も開放できる窓を設けています。この高窓と地窓の組み合わせて開けておくことで、暑い空気が高窓から排熱されるように計画しました。
この家に設置しているエアコンはスマホで操作でき室温も記録されるのですが、猛暑日でもエアコンを切った状態で外の気温を超えることは無かったそうです。つまり計画通り余分な日射熱を排熱できているという結果です。
専門的な説明となってしまいましたが、
日当たりの悪い敷地でも建物の工夫によって陽を取り込むができ、
室内の温熱環境も快適な家づくりができたのではと思っています。

1この事例、ここを見てください!

日当たりが悪い敷地条件での日射、日照の取り入れと、吹き抜けを介した空間構成がとてもいい空間を生み出しています。

吹き抜けによって暖房などの暖かい空気を床下を介して循環させることで床が暖かく感じられ快適です。

斜線制限により片流れ屋根だと高さが十分に取れないのですが、ダイニングの天井は張らず、構造を見せることで、階高が低いにもかかわらず広く感じられます。

カナデラボ 一級建築士事務所のプロフィール写真

カナデラボ 一級建築士事務所

金谷 聡史

設計事務所会員
設計事務所会員とは
主に建築物の設計監理や建築デザイン等を行っている建築設計事務所や建築家を示します。
通常営業中です
この専門家の資料をリクエスト
竣工年
2018
部屋数
3
家族構成
夫婦(子供あり)
構造
木造軸組住宅(在来工法)
敷地面積
100㎡〜150㎡未満
延床面積
100㎡〜150㎡未満
外壁仕上げ
ガルバリウム鋼板 木 ジョリパッド
屋根仕上げ
ガルバリウム鋼板
内装仕上げ
塗装
床仕上げ
カバフローリング
建ぺい率
40
容積率
56
予算帯
2500万円以上〜3000万円未満
所在地
神奈川県
ロケーション
都市
家づくりチーム

株式会社木心

資料をリクエストする
あなたのプロフィール情報を入力してください。
  • お名前
  • メールアドレス
  • ご住所
    -
  • 建築予定地
  • 希望の予算
    万円〜万円
  • 完成希望時期
  • 同居する家族構成
  • 資料請求にあたっての注意事項

    1. 当社は,当社のプライバシーポリシーに則って,いただいた情報を利用します。
    2. 当社はお客様からいただいた個人情報を,お客様が指定された専門家へ提供すること、または当社サービスのご案内のために利用します。
    3. 当社は、本サービス又は利用契約に関し,お客様に発生した損害について、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の請求原因の如何を問わず賠償の責任を負わないものとします。
    4. 当社は、お客様が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等について一切責任を負わないものとします。
キャンセル
入力内容を送信する
資料のリクエストが完了しました
リクエストありがとうございました!到着まで楽しみにお待ちください。
専門家の都合により、資料の送付が遅くなったり、送付できない場合があります。あらかじめご了承ください。
閉じる