建築家と家づくり 好きに暮らそう SuMiKa
F邸リフォームの建築事例写真
F邸リフォーム
ディーピーエー1級建築士事務所
もっと見る

計画のポイント
リフォーム前
60歳代のご夫婦のための住まい。以下の点に不満が
ありました。
・二人暮らしなのに、部屋が分散されていて効率が
悪い
・就寝スペースを別にしたい(寝起きの時間がずれ
ている)
・暗い、風通しが悪く、じめじめする
・収納が少ない
・煙草の臭いと汚れがひどい
・設備機器が老朽化している(特に換気設備とキッ
チン)
リフォーム後
プライバシーを保ちつつ開放的なワンルームへ
・デイタイムの空間を広く気持ちのよい空間にしま
した。
・寝室も固定された間仕切りを減らし家のどこから
でも広がりを感じます。
・広くなったリビングダイニングは、趣味の和紙工芸や
パソコンをするホビールーム、友人を招待したホ
ームパーティーなど多目的に使用できます。
寝室、和室の効率化
・和室と寝室は夫婦それぞれの就寝スペースとして
使えます。
・寝室と和室はスペースの効率化を図り床を一段あ
げて床下を収納やクロー
ゼットを持ち物にあわせて計画しています。また
就寝時の保温性向上や埃の量も軽減されるメリッ
トもあります。
収納の充実
・和室の押入と洋室とリビングの収納に加え各所に飾
り棚を設置しました。
・コストダウンを図るため、家具工事をなくしまし
た。
キッチン
・腰への負担を軽減するため、抽出収納にしました。
・火気への安全性に配慮して電磁調理器を採用しま
した、お掃除も楽です。
・家事の時間短縮、水道代、衛生面に配慮し食器洗
い乾燥機をビルトインしました。
・食器棚の取り付け高さ、上部空間を有効利用する
ため細かい配慮をしました。
トイレ、洗面室
・高齢化と玄関ホールとの扉の干渉に配慮して引き
戸を採用しました。
・用途に応じ掃除用バケツや洗面器をおけるように、
フラットボトムの洗面器を選定しました。
換気設備
・換気能力をアップしトイレ浴室に加え、和室にも
天井扇を取り付け煙草対策をしました。
・空気が循環するようにリビングの入り口ドアの上
の欄間や寝室と玄関の間にスリットを設けました。

材料選択のポイント
自然素材を使っています。
・環境にやさしい、健康で快適な生活を営める材料
を選定しています。
・自然素材にこだわり、材料そのものの性質を生か
せるよう配慮しています。
・見えなくなってしまう下地材にも有害科学物質の
使用を避けています。
・日頃のメンテナンスやランニングコストにも配慮
しています。
リビングダイニング 和室 キッチン
床:杉フローリング+植物系オイル塗装(和室は
畳)保温性、保湿性に優れています。夏は素足で
心地よく、冬は暖かく感じます。
壁・天井:白色火山灰入漆喰左官材
光触媒機能のある左ん材料です、主な特徴は
消臭性能-生活悪臭、煙草のヤニ、有害化
学物質を吸収分解する。
調湿性能-空隙率が高く、湿度の吸放出、
調整をする。
防カビ性能-表面が呼吸をしカビの定着を
防ぐ。
洋室
煙草を吸わない奥様が使用されるので、調湿とメ
ンテナンス性能を優先しました。
床:杉フローリング+植物系オイル塗装
壁・天井:調湿性クロス
紙と珪藻土を使用したクロス。呼吸をするの
で通常のビニルクロスに較べるとカビなどの
発生も防ぐことが出来る。
トイレ、洗面室
コスト削減とメンテナンス性能を優先した。
床:抗菌塩化ビニル系クッションフロア
壁:フッ素樹脂系フィルムラミネートクロス
表面をフッ素樹脂フィルムでラミネートされ、
煙草のヤニによる汚れもつきにくく、さらに
乾拭きで汚れもよく落とせます。また目に見
えない細菌などの汚れの洗浄効果も一般壁紙
に較べ、格段の差があります。

ディーピーエー1級建築士事務所のプロフィール写真

ディーピーエー1級建築士事務所

石川 雅博 +藤本 香

トライアル会員
トライアル会員とは
SuMiKa上で「トライアル」的に活動している会員を示します。この会員の実績を見ることはできますが相談や依頼をすることはできません。
通常営業中です
竣工年
2003
部屋数
指定なし
家族構成
指定なし
構造
木造(2x4)
所在地
埼玉県
ロケーション
住宅地